AX

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

スマホを置いて、人と向かい合おう

私はうちにいるときには、中南米のラジオをインターネットラジオ(スマホアプリ)できいている。

サルサなどのラテン音楽がずっと流れてるのがいい。

特に早朝のラジオ番組は、朝起床したリスナーに向けてDJが静かに話しかけてることがある (中南米の朝なので、時差で日本の夜)。


今日のDJの話がおもしろかったのでかいつまんで和訳してみる。



「 テクノロジーっていいよね。
僕たちの生活はテクノロジーでほんとに便利になった。
スマホ社会になって連絡早くとれるようになった。

でもスマホ社会になったせいで、僕たちは一日中スマホをいじってることが多くなった。
電車やバスの中でもスマホをいじり、友達や家族と食事中も相手の話半分でスマホをチェックし、恋人との会話も減ってしまった。
どこかで事故にでくわしたら、被害者を助けに行くどころか、スマホで衝撃的な写真を撮ってSNSにUPするのに懸命。
それってちょっとおかしくない?

スマホは便利だけど、スマホにふりまわされて大事なものを失ってきてるんじゃないか?

愛する人との大事な時間や、まわりの人とのつながりが少なくなってきてはいないか?


スマホだけじゃなくパソコンやテレビなどテクノロジーは便利だけど、君をハグしてくれたり、愛してくれはしないよ。

スマホをしまって、恋人を抱きしめてキスしたり、子供たちと公園で遊んだり、友達と笑いあったりしてみたらどうだろう 」 






注) 中南米も日本みたいにスマホ社会。
ラテンはもともと 人としゃべったり、家族や夫婦や恋人や友達とのコミュニケーションをすごく大事にする文化。
でも、それがスマホ社会でかなり変わってきていて、食事中にスマホばかりいじって家族としゃべらない息子を親がしかったり、
恋人とのデートでも恋人の目も見ずにスマホをチェックしたり、ながらスマホとか、いろいろスマホをめぐる問題もおきてる。。。



なぜ貧しい人ほど貧困層に冷たい政治家に投票するのか?

私が中南米に滞在中、友達や友達の親族や近所の人たちとおしゃべりしていると、政治の話がでてくることがよくありました。
中南米人は政治の話が好きだなーと思います。
10代や20代の若者でも政治の話をよくするのにはびっくり。


自分の国の政府の政策や生活に対しての不満が多いですね。
中南米の各国の人たちに共通してよく出てくる不満はこういうのが多い。

大統領がよくない、
政治家や公務員や経済界が腐敗してて汚職が多い、
給料は上がらないのに、物価や税金が上がって生活が苦しくなった、
年金を受給できる年齢がだんだん上げられている(65歳にならないと年金もらえないとか)、
福祉費が削られて、貧しい人や障害者など困っている人を国があまり助けない、
国は自給率が高く資源も豊富でほんとは豊かな国なのに、一部の政治家や金持ちたちが搾取して他の国民達に分け与えていない、

など。



中南米の多くの国が大統領制で、大統領の任期が4年くらいあるので(国により違う)、
よくない政策をする人が大統領になると国民は4年間苦しむことになります。

でもあんまりいい人が大統領には選ばれてないみたい。
評判がいいのは、日本でも有名なウルグアイのムヒカ大統領くらいかしら。


メキシコでは、以前70年も統治してた汚職まみれのPRI党が亡霊のように復活して、ニエト大統領が出現し、メキシコは国民の抗議デモが急増しました。


先日大統領選が終わったばかりのペルー。
過去の話ですが、ペルーは数十年前に超インフレがあって、スーツケース1杯の紙幣でもパン1個しか買えなかった時代があったと日本に住んでるペルー人が話してました。その超インフレの失敗をした大統領が何年か前の大統領選で再選したんです。日本在住のペルー人たちが、 「あいつのせいで自分達は国を離れて日本に出稼ぎにくることになったのに、またそいつを再び大統領に選出するなんてペルー人達はおかしい」って言ってました。


数年前に私がアルゼンチンに行ったときに、金融危機で大変でした。
みんな大統領のクリスチーナに激怒してました。 (いまは大統領が変わって少しよくなったそうですが。)


コロンビアも政治家に対しての不満を言う人がすっごい多かった。
貧しいやつは死ねばいい、みたいな感覚を政府が持ってると怒ってました。


しかも国内問題だけではなく、同じ大陸にいるアメリカがボスづらしていろいろ言ってくるんです。
アメリカはシリアやアフガンなどで軍事作戦を展開してますが、おまえらの国からも派兵しろと中南米に命令してくるのでペルーやコロンビアは数千もの軍隊を派兵しているそうです。
自分達にはシリアもアフガンも関係ないのに、なんでうちが軍隊出さなきゃいけないんだって言ってました。
ちなみにコロンビアは兵役あります。




中南米人達がいうには、


生活が苦しく困ってる人が多いのに、なんでさらに生活を苦しくするような人を選挙で選ぶのか理解できない。
特に貧困層の人のほうが、貧困層に冷たい政治家に投票する傾向が強い。
この国は貧困層の人口が圧倒的に多いんだけど、そういう貧困層が民を苦しめる政治家を選んでしまう。
その堂々巡めぐりなので、いっこうに国がよくならない。
なんで過去に学ばないのか?
目先だけみて深く考えもしないで投票してしまう人が多いんだろう。
なぜ国民のためになる政治家を選ばないのか、ほんとにうちの国民はおかしい。
これじゃいつまでたってもうちの国はよくならない。

とのこと。



ほんとにねえ。
なんでだろうね~。



中南米でのジカ熱感染対策の難しさ

ブラジルで急激に拡大しているジカ熱ですが、コロンビアでも患者数が急増しているそうです。
私が先々月滞在していたいたときより、短期間ですごい増えてる。
ブラジルは大きな国なので南米のあちこちの国に隣接しており、コロンビアはブラジルの隣です。

私がいたコロンビアの都市はトロピカルで四季がなく、一年中暑いので蚊が多いです。
高地で寒くて雨が多いボゴタ(コロンビアの首都)とは気候がかなり違います。

私がコロンビアにいるときにテレビでジカ熱拡大のニュースをやってたんですが、コロンビア人達はあまり興味がなくニュースにも目を向けないし、話題にものぼらなかったです。
「蚊に刺された」とコロンビア人にいっても「ふーん」で終わり。
私は幸いなことにジカ熱にはなりませんでした。


テレビのニュースではブラジルの地方で、防護服を着た人たちが殺虫剤を散布している様子がでていますが、あれでは蚊を撲滅してジカ熱を防ぐのは難しいのでは。。。。

私はブラジルに行ったことがないので、コロンビアや今まで行った他の中南米を例にとって考察してみたいと思います。


中南米は豚インフルエンザ、デング熱(デングはいつもあるけど)、今回のジカ熱など、感染症拡大のニュースがよく出てますね。
私が数年前にメキシコに長期でいたときはメキシコシティの近くの州でコレラが発生してました。

普通のインフルエンザや悪性の風邪が流行るとあっというまに広がります。

中南米のローカルな場所でジモティの人たちと一緒に生活してた私は、どうして感染がすぐ広がるのかよくわかりました。


私が観察したところによると



●まず、挨拶でほっぺにベソ(キス)をするとか握手をするなど他の人との接触が多い。
恋人や家族じゃなくても、友達や近所の仲いいひととか、ほっぺにチュっていうのはよくあります。


●日本人みたいにマスクをしない。

マスクを普段からしてるのはたぶん日本人だけかもしれない。日本に観光にきた欧米人などの観光客も日本人のマスク姿に驚いてます。(他の国ではマスクをするのは医療者とかだから)。
メキシコでマスク姿が出たのは豚インフルエンザが世界的な大問題になったときだと思います。
通常は、空気感染の病気が大流行しても、見舞いに行くときもマスクをする人はみませんね。


●手をあんまり洗わない。

北米や欧州の女性にはトイレのあとに手を洗わないで出ていく人が結構いるのですが、中南米人はトイレのあとは手を洗います。
しかし、一日通すと手を洗う回数は少ないと思います。
私は日本で手洗いとうがいを励行するようにいわれてるので、手をしょっちゅう洗うし、外出したらうがいするし、日本から持ってきた除菌ティッシュを持ち歩いて外で食事するときなどに手を消毒してます。中南米でもやってるのであるていど食あたりも防げてるんだと思います。

中南米では仕事から帰宅しても手を洗わないで、まずこっちにきてほっぺにチュの挨拶しにくる人結構いるんです。
中南米で「外出したらまず手を洗いなよ」 「食事する前に手を洗って」と口うるさく言ってるのは私です。
外出したらうがいしなって教えたら、「うがい」ってどうやってやるの?って結構言われます。
「こうやってやるんだよ。ぐるぐるぐるぐるー」ってやってみせると、ケタケタ笑ってました。うがいの音がおもしろいって子供みたいに。
もしかしてうがいの習慣がないの??
日本では幼稚園からうがいと手洗いの習慣をしつけるけど、中南米では私がやらなきゃいけないっていう 笑。


●病気の人がいると看病や見舞いに行く。

メキシコでインフルエンザが流行った時に、友達の甥っ子たちがインフルエンザにかかって高熱出しました。
そしたら、その見舞いに行くからあなたも来なさいといわれて、毎日のように見舞いに行っては1時間とか病気の子を見守るのです。しかも、病気の子をかわいそうだとほっぺにチュしたり、頭をなでたり。 マスクもしないでね。
少し離れたところにいた私にももっと近くによってそばに座りなさいと言われました。拒否したら情がない冷たい人っていう雰囲気。
その後、まわりの親族が次々とインフルエンザにかかっていきました。
家族愛の強さが、病気の感染源に。。。


●網戸がない。

中南米の多くの家には網戸がありません。
熱帯地域でも網戸がなく、暑いので夜でもドアや窓をあけっぱなしにするため、蚊や害虫、やもりなどがたくさん入ってくる。
網戸がある家もときどきあるので、網戸は売ってるんだと思うんですが。
網戸をつけてる人に対して「あの人は虫嫌いの神経質だから」って言ってました。
私が滞在してたアパートは私の部屋の窓にブラインドしかなく、大家さんがいつも玄関のドアや家中の窓をあけっぱなしにするので虫がよく入ってきてました。家の中で蚊によく刺されるので大家さんに言ったら、「私は刺されないわよ、あなたは蚊に好かれる血なのね」、としか言われませんでした。
(その都市ブヨも多く、ブヨに刺されると数週間かゆくて腫れあがりあとが残ります。そのブヨはショウジョウバエくらいに小さくてめちゃすばしっこく、どこにいるかわかりません。)
高級ホテルでも網戸ついてないところが結構あります。


●クーラーがなくて扇風機

エアコンがある家がほとんどありません。
エアコンはショッピングモールとかじゃないと基本ないので、暑い日はショッピングモールに涼みに行くくらいです。
家では扇風機。
エアコンがある家は非常にまれ。
メキシコシティは冬は0度になりますが、家の中に暖房がありませんでした。
家庭用エアコン売ってないのかと思ったら、コロンビアではホームセンターに売ってました。なんでエアコン買わないのかときいたら、「電気代が高い」とのこと。
中南米は光熱費が異様に高いです。家計のかなりの割合を光熱費が占めています。
メキシコに暖房がないのも電気代のせいだといってました。
暖房や冷房問題や蚊の問題には現地在住の日本人も頭抱えてます。

もし中南米の熱帯や寒いエリアに旅行するなら、4つ星ホテルでも冷暖房がないところ結構ありますので、エアコンがついてるところにしたほうがいいかと思います。



●虫よけや殺虫剤をあまりつかわない

私は日本から虫よけ持っていきましたが、コロンビアでは虫よけ塗ってたところをさされました。
日本の虫よけは弱いそうなので、現地で虫よけ買ったほうがいいと思います。
向こうではベープマットに似たものや殺虫剤スプレーも売ってます(RAIDという名前)。向こうの人はベープマットのようなものをずっとつけるよりは、害虫が出たときにしゅーっとスプレーして殺すことが多いです。

●蚊の発生源があちこちにある

蚊はぼうふらから成虫になるので水が必要なのですが、植木鉢の受け皿にたまった少量の水でも大丈夫だそうです。
なので蚊が発生するような水がたまってるところを除去する必要があるんですが、南米の地方の田舎にはそんなところがたくさんあります。
川に近いとこは蚊やブヨに刺されやすいです。
雨季だと雨が降ったあとに水たまりもたくさんできますし。


●インフラが整ってなく不衛生なエリアがある

また南米は一般的に、高台が貧困エリアです。町の中心部から高台に上がると一挙に貧困エリアに入ります。高台は水道や電気などのインフラが整ってなく、交通手段もあまりないからです。
そういう高台(セロ)の貧困エリアに行ったことがありますが、水道がないので雨水をためている、家の屋根を石でおさえただけとか、空き地にゴミが散乱して異臭がしてました。
そういう貧困エリアでボランティアで医療支援してる友達によると、一部屋に何人もが暮らしてる、衛生状態が非常に悪くて感染症が蔓延しているなどの問題があるそうです。
水道がないので雨水ためてるとぼうふらわくし、水たまりや汚水がたまってるところもよくあるから蚊が生まれやすい。
こういうところでは蚊などの害虫やねずみなどがたくさん発生しますし、食中毒や感染症なども多く、衛生状態がよくないので病気が出ればあっというまに多数の人に広がってしまいます。
このエリアに住んでる人たちは市の中心街などに仕事や買い物に出かけていくから、他エリアにも伝染する可能性があるわけですね。



私が中南米各国に滞在して感じた問題点は以上です。


テレビのニュースで出てたジカ熱が大量発生してるブラジルの町は、私は行ったことがありませんが、見た感じ地方の田舎であまり衛生状態がよくないし貧しいエリアのように見受けられたので、上記のような問題があるのかなと思いました。

そこにいくら、防護服を着た人が殺虫剤を1回散布したからと言って蚊やジカ熱が撲滅するとはとても思えません。
もし散布しても、蚊は密林に一時的に逃げ込むだろうし。


ところが蚊が多い熱帯なのに、蚊がほとんどいないエリアもあるんですよ。

たとえば、メキシコのカンクンのホテルゾーン。
カンクンは、外国人観光客向けの高級ホテルが立ち並んだホテルゾーンと、メキシコ人が多く住むセントロとその郊外にぱっきり分かれています。
ホテルゾーンにはほぼ蚊がいません。夜歩いてても蚊に刺されたことはないですね。

でもカンクンで、ホテルゾーンから車で15分のセントロに行ったととたんに蚊に刺されまくります。
セントロの安宿に滞在するなら、クーラーがある宿じゃないとつらいです。
でもセントロの中心部にあるきれいなレストランでも食事中にがんがん蚊に刺されるし。
セントロの郊外に行くと舗装されてない道やごみがたまった空き地などがありいろんな害虫が多いです。

シンガポールも蚊の対策をかなりしていて、ガム捨てたあとから蚊が発生するし美観を損ねるということでシンガポールはガム持ち込み禁止ですよね。
シンガポールも熱帯なのに確かに蚊にぜんぜん刺されなかったですが、タイなどではたくさん蚊やブヨのようなのに刺されました。

隣接してても、エリアによって蚊がいるかいないかに分かれてるなら、やっぱり衛生状態やその対策も関係あるかもしれませんね。



リオのオリンピックに行く人は蚊の対策をしっかりするようにとテレビで行ってますが、実際蚊の対策するのは結構難しいですと思います。
なるべく都会で、エアコンがついてる高級ホテルに泊まるとか、蚊帳がついてる宿を選ぶ、虫よけは現地で買うとか、露出が多い服を着ないとか(暑いかもしれないけど)。


日本の省エネのエアコンを中南米に輸出してほしいですね。基本的な機能だけでいいんで、省エネ重視で本体の価格が安いもの。日本は家電があんま売れてないらしいので、中南米に輸出するとか。
それに取り付けが簡単な網戸。日本みたいなしっかりした高いサッシじゃなくていいので、とりあえず網戸用の網を今ある窓にはりつけるだけでもいいかと思います。
網戸とエアコンで、中南米も蚊はかなり防げると思います。
それと、手洗いやうがいや、感染症を患った人に接触しないなどの一般人の教育も必要かと。


中南米人は子連れや高齢者にやさしい

ラテンアメリカと日本を比較して、中南米の方がいいなと思うことは、子供や子連れの人、お年寄り、シングルマザー、女性、身体障害者などの弱者に対して人々が親切なとこだと思います。

政府からの福祉はあまりない国が多いです。

でも社会や人々は弱者に対してやさしいと思います。

前に書いたけど、バスとかは赤ちゃん連れのお母さんや高齢者がいたら、まわりがさっと席譲ったり、そこに席があるとか教えてあげます。
女性の場合、50代以上なら優先されてます。
車椅子の人が不自由してたら、若者が寄ってきて信号渡るのを手助けしたり。

知らない子供に対してもまわりの人がやさしい。
若い人でも子供ににっこり笑ったり遊んであげたり。
食事のときに子連れの人が肩身がせまいということはない。まわりが子供に微笑んでる。

お店にいったらお店の人といろいろ話します。
社会や近所同士でも助け合ってる。
近所の人はあいさつしてくる。
なので独居老人が孤独になることもない。

外で女性にたいして乱暴な口をきいたり、態度が悪いとまわりが怒ります。
私とか女性が重い荷物抱えてると手伝ってくれる人もいます。

それに家族や親族がすごく緊密。
毎日ハグして、愛してるよとかいうし、週末集まって食事したり、親族で助け合ってる。


助け合い ayudarは中南米の特長かな。
まあ、時々助け合いが助長して、無理なお願いしてくる人はうざいが。。。


日本で妊婦マークつけてるひとに冷たいとか、妊婦を蹴ったとか、ベビーカーを蹴ったとかいう話や、
高齢者に冷たいとか、
シングルマザーに差別があるとか、女性を突き飛ばして男が席とったりとか。。。。

日本のそういう話を中南米でしたら、みんな大ショック受けて怒るでしょう。
もしそんなことを中南米でやったら、まわりから袋だたきにされます。

日本のイメージが悪くなるので、海外で日本のそういう悪い面の話をしづらい。

中南米は結構シングルマザー多いです。
でも日本は戸籍で婚外子と書かれるし、父親いないなら中絶した方がいいとまわりからいわれたりするから中絶も多いし、シングルマザーは政府の福祉も少ないから生活がほんとに大変という話を中南米で知り合いにいったら、愕然としてました。
中南米はカトリックが大半で法律で中絶禁止の国が大半なので、未婚でもティーンエイジャーでも子供産みます。
うちの国ではシングルマザーへの差別なんてなくて、親族や近所の人とかまわりが助けてあげてるよ、っていってました。


テレビとかネットでは、毎日毎日、日本賞賛する番組や記事が多くて、
「日本人は世界で一番親切」とテレビでいってるが。ほんとに???

日本も昭和30年代くらいまで中南米みたいにもっと人々が助け合ったりしてたときいてるし、今でも田舎ではそういう親切やまわりとのつながりが深いとこもあります。
でも現代の都会は弱者に対して冷たい人が多いし、同じマンションに住んでてもあいさつしても無視される、ぶつかってもごめんといわない。。。。
ギスギスしたことがよくありますよね。

そういうのは欧米とかでもありえないし、自分も日本人としてそういうとこは悲しいと思います。

日本人にもいろんな人がいてすごく親切な人もいます。
私の外国人の友達も、日本でいろいろ親切にしてもらったといってます。

でも一般的にいうと、多分毎日の生活に疲れたり 社会問題や不況などでイライラしてる人が増えてるのかもしれません。だから、弱者にあたるひとも中にはでてくるんでしょうね。

毎回海外から日本に戻るたびに、さみしさを感じるのはそこかな。

中南米で学んだデング熱対策

最近デング熱が大ニュースになっています。

私は中南米でデング熱が発生している地域に数回滞在したことがあるので、日本でデング熱???ってびっくりしてしまいました。

デング熱はスペイン語では「デンゲ」といいます。
中南米人はそんなにデング熱のことを気にしてない風で、私が「このあたりってデンゲあるの?」と質問すると、「あー、ときどきあるよ」と答えが返ってくるという感じ。
大丈夫?ってきいても笑ってる。
日本のガイドブックを見るとデング熱やマラリアに注意と書いてある。
でもデングにかかった人もまわりにいなかったし、話題にものぼりませんでした。
日本ではデングでパニックみたいにマスコミが騒いでるけど、向こうではそんなに人々は恐れてなかったです。


デング熱は結局、

「蚊にさされない」 

ことが対策です。

デング熱が発生するエリアはトロピカルなところが多いので、長袖や長ズボンというわけにはいきません。
現地の人は半袖とかタンクトップで私も暑くてそういう格好でした。
そのかわり日本から持ってきた虫よけを体につけました。強い虫よけは効果抜群。
服の上から刺されることもあるので、服の上からもスプレーしたほうがいいと思います。

網戸もクーラーもあんまり普及してないので、網戸やクーラーがあるところに泊まる、なるべく高い階のほうに泊まる(高ければ高いほど蚊が来にくかった)ようにしてました。

日本のベープマットに似てるRAIDっていうのもあって、それを部屋に着けてる人もいました。
あとRAIDの殺虫剤。
でも大量に蚊が発生するところや蚊が強いと全部撃退できません。

中南米のそういう地域では寝るときに蚊帳をしている人たちもいました。
私も蚊に刺されまくって、蚊帳をしたら安眠できるようになりました。
日本の蚊帳とは違って、ベッドにつき1つの蚊帳で丈が低いです。


ということで、日本でデング熱が流行ってるので、私は虫よけスプレーをして、寝るときは蚊帳をしています。

蚊帳(かや)っていっても日本古来の重くて大きいものではありません。
東南アジアのリゾートホテルにあるようなおしゃれなやつで、モスキートネットというそうです。
天井に1つのフックでひっかけて下げるだけだし、すごい軽くて、使わないときはとりはずしてネットの部分を洗濯機で洗ってしまってます。インテリアにもなるし、蚊に刺されず安眠できるし重宝してます。

こういうやつね。



蚊は今ぐらいの涼しい季節が好きらしく、このごろは建物内で寒さをしのぐ蚊もいるので11月くらいまで蚊がいることがあります。
少し涼しくなってきましたが、まだ注意してくださいね。



● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ブレイクのMALUMA
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
タワーレコード ネットショップ
RSSフィード
フリーエリア
人気記事ランキング
開始 2012年9月4日~