AX

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

70Sと80S POPSのサルサバージョン

70S 〜80SのPOPS やディスコ曲の サルサバージョンを紹介します。
みなさんよくごぞんじのマイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンなどの曲をサルサにしたバージョンです。


すべてオリジナルじゃなくてサルサバージョンです


ワム [ケアレス・ウィスパー] 










マイケル・ジャクソン [you rock my world]







ホイットニー・ヒューストン  [I will always love you]








Earth, Wind and Fire [ Fantasy]






上で紹介したサルサバージョンは別人が歌ってるのもあります。






サルサってなんだか分からない人やお友達にも、こういうなじみのある曲ならききやすいのではないでしょうか。

元はハウス歌手だったサルサの歌手

サルサの大物歌手の中に2人、ハウスミュージック出身の歌手がいます。

一体それは誰でしょう???



1990年代初期、ハウスミュージックが超流行ってた時代。
その時代はハウスミュージックの歌手だったのですが、その後ラテンのほうに転向してサルサの歌手になりサルサのほうで大成功した歌手たちがいます。

私はサルサの前はハウスとテクノミュージックのクラブで踊ってたので、今もハウス好きなんですが、サルサも好きになったあとにハウス音楽きいてたときにこれらのサルサ歌手がハウスを歌ってたことに気づきました。



① 1人目は、なんとサルサ界の超大物歌手 Marc Anthony (マーク・アンソニー)


Little Louie Vega & Marc Anthony  「Ride On The Rhythm」







この曲はハウスの有名なLittle Louie Vegaの曲にMarcがヴォーカルで参加しています。
Louieが有名で、marcはたぶんまだこの時代は認知度ぜんぜんなかったのでは。
この曲は当時、ビルボードのクラブミュージックで1位とってます。
ちなみにLouieはもうすぐ来日します。
なんとこのLouisはサルサのレジェンド、Hector Lavoeの甥です。
だからラテン音楽に囲まれ育ち、Faniaなどのラテン歌手たちともアルバム出してます
marcはハウスミュージックで出発しましたが、NYのプエルトリコ人でつながりがあったのか、tito puenteとの出会いでその後ラテンに転向してサルサで大成功しました。

  ↓
サルサ歌手になった マーク・アンソニーのサルサ

「Valio la Pena 」










② 2人目は 女性のサルサ歌手。
La India。
La India は ハウスミュージックの大御所 Masters At Work と90年代前半に活動してヴォーカルやってました。
私はMasters At Workのファンなのでアルバム何枚も持ってますが、 indiaが歌ってる曲もいくつかそのアルバムに入ってました。
Masters At Workは、いまでも日本にたくさんファンがいるハウスミュージック界の大スターで、NY在住のプエルトリコ系です。
上記のMarcででてきたLittle Lous VegaもMasters At Workのメンバーでした。
La IndiaもNYのプエルトリコ系です。
彼女はポップスから、ラテンの大御所Eddie parmieliたちともラテンで活動して、その後ハウスの歌手としても活動。
なのでハウスとラテンが時期によって入り混じってます。今はほぼラテンかな

おんなごころを歌ったサルサが上手で、サルサバーでも彼女の曲はよくかかりますよ。


Masters At Work ft. La India 「 I can't get no sleep」










サルサ歌手の La India

「Ese Hombre」








このまえ、ラテン音楽界の大御所、Eddie Parmieli がマーク・アンソニーは歌はうまいが、サルサのソネーロ(歌手)じゃないって批判したのが話題になってました。

でも、マークはもともとハウス歌手で、そのまえはPOPSだったんだからしょうがないんじゃないのでは、
って私は思いました。







Orquesta Tromboranga

サルサのorquesta tromborangaが来日するそうです。

Orquesta Tromborangaは、スペインを拠点にしてるサルサグループです。

オルケスタ 「トロンボランガ」っていう名前が示すように吹奏楽器がトロンボーンばかり。


コロンビアのカリにいたときにめっちゃ流行ってました。

カリで特に流行っててクラブでもラジオでもよくきく曲が、Agua Que Va Caer。

私がカリでDJやったとき、この曲かけました。



このビデオはカリであったライブの様子です。



Orquesta Tromboranga 「 Agua Que Va Caer 」 





盛り上がってるでしょ。
ビデオの冒頭でヴォーカルに緑の旗をかけた人がいますが、この緑の旗はカリのサッカーチームのです 笑。

チャカポコチャカポコ、カンカンカンカンって打楽器の音がかなりしてますが、これは大半が客が鳴らしてると思います。
ビデオよく見ると、カンパーナっていうカウベルみたいのたたいてる人たちいますよね、カリではクラブやライブに行くときにカンパーナなどを持参する人がけっこういます。


6分42秒くらいから客が踊ってるところが少しうつってますが、これがカリの一般の人たち(サルサのプロダンサーじゃない人たち)が踊る踊り方です


「Es Valido」Orquesta Calibre

去年から今年にかけてコロンビアのカリで超流行ってる曲で、カリではラジオやクラブなどあちこちで耳にした曲。



Orquesta Calibre  「Es Valido 」






Orquesta Calibreはカリのサルサグループで、この曲はたぶんカリのクラブでしかかかってないかも。



この曲の歌詞についてラジオで説明したんですが、説明途中で時間切れになったのでここで解説します。




歌詞の和訳は別のブログに移動しました。
こちらをクリックしてください

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=55



こういうことってカリだけじゃなくて、日本でも世界中でも同じですよね。
歌詞の内容的は日本や欧米でも共感よびそうな気が…。


歌詞も音楽もキャッチーだから、めっちゃ流行ったと思うんです。


このバンドは私の友達の友達でして、カリでライブに行きました。
月曜日の深夜なのに、会場は満員でめっちゃ盛り上がって明け方まで踊りましたよ。




cali pachanguero

サルサの「カリ・パチャンゲロ」はサルサバーやイベントでよくかかる曲です。

コロンビアのサルサですが、コロンビア人以外にも大人気。
日本在住の中南米人のイベントでもよくかかります。

サルサのグルーポ・ニーチェというすごい有名なグループの曲です(コロンビア)。



Cali Pachanguero (Grupo Niche)








サビで「カーリ!」って叫ぶのはみんなよくやってますが、歌の意味知ってますか?
このまえ、DJのときにこの曲の意味をきかれたので、歌詞の和訳をしてみようと思います。


コロンビアの第三の都市が、カリ市です。
コロンビアは都市同士のライバル心が激しくて、カリの人はカリが一番だと思っています。
コロンビアで一番というのはもちろん、特にサルサに関してはカリが世界で一番と思ってます。
それほどサルサが盛んな都市です。


この曲は全体を通して、カリがどれだけ美しくすばらしい都市かとほめたたえる内容です。
賛辞が7割くらいなので、それについてはここで細かく和訳しません。

また、この曲にはカリの人にしか分からない地名や固有名詞がでてきます。
私はカリに長期滞在してたからわかるので、説明しますね。


juanchito は、カリ郊外にあるクラブゾーン。

Un clásico en el Pascual,
adornado de mujeres sin par,
América y Cali a ganar,
aquí no se puede empatar.

pascualがスタジアム。
America と Caliは、カリのサッカーのクラブチームです。
昨日かな、cali が全国(コロンビア)のサッカーリーグで優勝したので、カリの人たちがわいてます。


最後の

Cali es Cali , lo demás es loma.


これはカリでは有名なフレーズ。

カリはカリ。 あとは丘

という意味です。
つまり、コロンビアではカリが一番、あとのコロンビアは全部丘(コロンビアは山が多い国。でもここでは首都ボゴタも含んで、カリ以外は全部山って言ってる)。



カリがどれだけ一番だと誇ってるかというのがわかりますね。

カリ賛歌です。

カリでは12月にしかかかりません。
● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア