FC2ブログ

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

センシュアルな(セクシー)サルサの歌詞の和訳について

サルサには、ロマンチックなサルサ、センシュアルなサルサ があります。

日本ではそんなこと言われてないと思いますが、スペイン語圏ではそういうふうに言われています。


サルサの中でもメロディがゆっくりでロマンチックな恋愛や男女のセクシャルな歌詞。


ロマンチックなサルサが私はラテン音楽のなかで一番好き。
プライベートでは、私はサルサではロマンチックなサルサをきくことが多いです。


実は、ロマンチックなサルサだけをかけるイベントをやりたいと思ってるほど。





ロマンチックサルサは、ロマンチックや情熱的なラブの歌詞だけではないです。


サルサやバチャータって全体的に、ドラマのような愛憎劇、失恋、嫉妬、不倫、一晩限り(ワンナイトスタンド) の話が多いんですよね。

ロマンチックなサルサにも、失恋やドロドロ系やセクシー系の方がロマンチックなラブより多いような気がします。

だから、スペイン語圏ではセンシュアルもあるわけだけど。
センシュアルはスペイン語でセクシャルという意味です。
セクシーな感じのサルサ。


だからラテンの曲を結婚式で使うときは選曲に注意してね、って前に書きました。
メロディで判断したら危険です。





今回紹介するのは、ロマンチックなサルサで私が好きな曲の一つです。


この歌手の曲はコロンビアのカリでよくかかるので、カリに住んでいるときに覚えました。


ベネズエラ人のサルサ歌手で HILDEMARO といいます。





「Apaga la Tele」 Hildemaro







踊りやすい曲だと思います。



歌詞の和訳はここに書けないので、もう一つのブログに和訳してUPします。

このリンクをクリックしてください。



http://diafeliz.jugem.jp/?eid=69


(すみません、さっき間違えてデスパシートのリンクはってたので、訂正しました)




この歌詞はエロ過ぎると思うでしょう。

けれど、ラティーノ(ラテンアメリカ人)からすれば、すごいロマンチックでステキな曲なんですよ。
カップルで踊りたい、ロマンチックな曲。


これは80年代の曲です。

歌へのコメントを見たら
「こういう歌がロマンチックなんだよ。昔のサルサはいいね。最近のサルサはゴミ」
「ぜひ恋人と踊りたい」 
「この曲はとてもSABORがある」
という中南米人からの感想がありました。

SABOR(サボール)っていうのは味という意味。
音楽やダンスのサボールがあるといえば、味わいがある、ということです。



以前「デスパシート」の歌詞の和訳をしてブログにUPしたら、ジャスティン・ビーバーがそんなエッチな歌を歌うわけがないとか、そんなエロイ歌だったのか、とかいわれましたが、そういう歌詞なのでしょうがないです。
他の人が違う和訳をしていても。
ラテンアメリカのスペイン語圏では私が和訳したような内容で理解されてますので。


それに「デスパシート」の解説でも書きましたが、ラテンアメリカでは夫婦や恋人のエッチは愛があるからやらしくない、ロマンチックでアモールなんです。

スペイン語では たんに 「ヤル」のはSEXO、 愛があるエッチは 「hace el amor」 といいます。


今回紹介した曲の歌詞をエロいと、もしラテンアメリカ人に言ったら 
「夫婦や恋人間なのに いやらしいとかエロイと考える日本人の脳内のほうがやらしいんじゃないか、やっぱHENTAIの国だからか」とラティーノからいわれそう。

(変態という日本語は、いまや海外で「HENTAI」という言葉になってます。もとはロリコンぽいエロ漫画がHENTAIというジャンルで、いまは日本のAVが世界で流行っててアニメのポルノがHENTAIというジャンル)。

日本はロリコンぽいエッチな看板や広告が街なかのあちこちにあるしコンビニでエロ本売ってるから外国人が驚いてます。他の国では子供の目のつくところにはエロイものは見せないからです。
日本はエロの国と言われているのに、なぜラテンの曲の歌詞にはエロいというのか、そこがアンバランスで理解しがたい。




ラテンポップスやラテンダンスミュージック、それにサルサやバチャータの曲の歌詞には、hace el amorという歌詞がよくでてきます。
hace el amorは愛があるエッチの方です。



キューバ系米人のラッパーのピットブルはクラブでナンパしてお持ち帰りしてヤルだけの歌(しかも3Pとか)が多いし、レゲトンでもmalumaは女性をたくさん囲って性奴隷化とか乱交とかの歌詞の曲がいくつもあります。
レゲトンのなかでもロマンチック系のレゲトンにはロマンチックな歌詞の曲もありますが、大半のレゲトンやトラップ・ラティーノはエロイ歌が多いです。




南米に長く住んでいたことがありスペイン語堪能な日本人の方が、「デスパシート」などの私の和訳を見て、「ラテンのカルチャーや、ラテンのセンシュアルさ(セクシャルさ)がよく表現されている。日本語でこれを表現するのは難しいのに」とほめてくださいました。

そのポイントを理解してくれる日本人は少ないので、非常にうれしかったです。



ラテンアメリカは歯が浮くくらいキザなことをさらっという文化だし、スペイン語はロマンチックな表現が多いです。

でも英語はそこまでロマンチックな表現がないし、ましてや日本語にはロマンチックな表現がほとんどありません。

私もスペイン語の原語では歌手が表現したいことがすごいわかるんだけど、それを日本語に訳すのはほんとに難しくて四苦八苦してます。うわーーっていうくらいロマンチックすぎるしキザなあのニュアンスを日本語で出すのは無理。




それから日本のラテンのクラブと中南米のクラブの最大の違いは、踊る相手です。

日本はクラブで踊る相手を探して1曲ごとに相手を替えます。

でも中南米は夫婦や恋人同士、または男女のグループで行いって、カップルだけ、またはグループ内でしか踊らない人がほとんどです。
フィエスタやホームパーティでも、中高年の夫婦がしっぽり踊ってる姿を見ます。
カップルで週末にクラブに行って、こういうロマンチックなサルサでしっとりと大人のサルサを踊る、という感じなんですよね。

だからロマンチックでセクシーなサルサは、中南米では非常に人気があるんだと思います。

日本は、クラブやサルサイベントに行って、知らない男性にダンスフロアで誘われて踊って、1曲だけ踊って、踊り終わったら「ありがとうございました」って言って別れる。だから相手にまったく思い入れはないし、ロマンチックな気持ちももてない。

そこが中南米のクラブと(日本だと南米人しかいないクラブ)、日本にあるサルサバーやサルサイベントの違いかなと思います。



みなさんが知らない男性とたんたんと踊ってるサルサやバチャータには、実はこういうセンシュアルな曲や不倫の曲が多いことは知っておいてくださいね 笑。






スポンサーサイト



サルサGRUPO NICHEの創始者Jairo Varela6周忌

コロンビアのサルサの代表といえばGRUPO NICHE(グルーポ ニーチェ)。

そのGRUPO NICHEを創設し初期メンバーで、若いメンバーに変わった後もディレクションしていたJAIRO VARELAはコロンビアのサルサのトップに君臨していました。

でも2012年の8月にカリで死亡。
まだ62歳でした。

その前年に同じくコロンビアのサルサの大御所Joe Arroyoも死去したんだけど、Joeは闘病してて何度か危篤状態になったので。
でもJairoはコロンビアのカリにある自宅で心筋梗塞で倒れて亡くなったので、突然の死にコロンビア人は驚きました。

私は彼が亡くなる1か月半位前にカリから日本に帰国してたので、カリに住んでる友達からJairo Varelaが死んでカリは喪中になってるという話を聞いて驚きました。


Jairo Verelaはチョコの人なんだけどカリに住んでいました。カリはサルサの都市で「カリは世界のサルサの首都」と自負してるくらいサルサが盛んな都市。

彼のお葬式は彼が作ったGrupo Nicheの名曲が流れ、オマージュのコンサートも開かれました。
霊柩車がカリの目抜き通りを通る時は、その通りにいる車が全部止まって彼に哀悼の意を捧げました。


それについては2012年に私が書いたこのブログの記事に詳しく書いてます。

「Grupo NicheのJairo Varela死去」


「サルサ歌手の死にカリは喪中」




私が2011年にコロンビアのカリにいた時は、Grupo Nicheの「カリパチャンゲロ」」は12月のフェリアでしかかかからないし、「Gota de Lluvia」とかは懐メロだからもう持ってないとかカリの人に笑われました。
日本のラテンのクラブやカリのイベントでは年中かかってるんだけど。


だけどJairo Varelaが亡くなったら、一日中カリのラジオはGrupo Niche一色になり、フェリアもテーマがJairo Varelaに捧げるオマージュになりました。
Jairoの壁画もつくられ、前よりもGrupo Nicheのクラシックの曲がカリでは流れるようになりましたよ。


昨日は6周忌で、カリでは「Jairo Varelaがいなくなってから、6年がたつ」と嘆き、また彼の時代のGrupo Nicheの名曲がかかってたそうです。

私も、昨日から今日にかけては昔のGrupo Nicheの名曲ばかりきいています。

やっぱりいいよねー。

この時代のGrupo Nicheはサヴォールがある。



私がカリにいた時にGrupo Nicheも出る巨大コンサートに行った時、カリパチャンゲロがかかったらスタジアムにいた何万もの観衆がみんなで合唱するので毛が逆立ちましたよ。
カンパーナ(鐘みたいな楽器)も客がちゃかぽこならしてるし、「カーリ、 パーチャンゲーロ」って大合唱。

これは昔の映像でもっと少ないけど、こんな風にカリでは合唱する。








他にもGrupo Nicheの名曲といえば。。。




「Cali Pachanguero」









「Sin Sentimiento」







「Ana Mile」

このビデオではJairoが歌っている。








Jairo VarelaのメモリアルのGrupo Nicheのベストアルバムは











70Sと80S POPSのサルサバージョン

70S 〜80SのPOPS やディスコ曲の サルサバージョンを紹介します。
みなさんよくごぞんじのマイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンなどの曲をサルサにしたバージョンです。


すべてオリジナルじゃなくてサルサバージョンです


ワム [ケアレス・ウィスパー] 










マイケル・ジャクソン [you rock my world]







ホイットニー・ヒューストン  [I will always love you]








Earth, Wind and Fire [ Fantasy]






上で紹介したサルサバージョンは別人が歌ってるのもあります。






サルサってなんだか分からない人やお友達にも、こういうなじみのある曲ならききやすいのではないでしょうか。

元はハウス歌手だったサルサの歌手

サルサの大物歌手の中に2人、ハウスミュージック出身の歌手がいます。

一体それは誰でしょう???



1990年代初期、ハウスミュージックが超流行ってた時代。
その時代はハウスミュージックの歌手だったのですが、その後ラテンのほうに転向してサルサの歌手になりサルサのほうで大成功した歌手たちがいます。

私はサルサの前はハウスとテクノミュージックのクラブで踊ってたので、今もハウス好きなんですが、サルサも好きになったあとにハウス音楽きいてたときにこれらのサルサ歌手がハウスを歌ってたことに気づきました。



① 1人目は、なんとサルサ界の超大物歌手 Marc Anthony (マーク・アンソニー)


Little Louie Vega & Marc Anthony  「Ride On The Rhythm」







この曲はハウスの有名なLittle Louie Vegaの曲にMarcがヴォーカルで参加しています。
Louieが有名で、marcはたぶんまだこの時代は認知度ぜんぜんなかったのでは。
この曲は当時、ビルボードのクラブミュージックで1位とってます。
ちなみにLouieはもうすぐ来日します。
なんとこのLouisはサルサのレジェンド、Hector Lavoeの甥です。
だからラテン音楽に囲まれ育ち、Faniaなどのラテン歌手たちともアルバム出してます
marcはハウスミュージックで出発しましたが、NYのプエルトリコ人でつながりがあったのか、tito puenteとの出会いでその後ラテンに転向してサルサで大成功しました。

  ↓
サルサ歌手になった マーク・アンソニーのサルサ

「Valio la Pena 」










② 2人目は 女性のサルサ歌手。
La India。
La India は ハウスミュージックの大御所 Masters At Work と90年代前半に活動してヴォーカルやってました。
私はMasters At Workのファンなのでアルバム何枚も持ってますが、 indiaが歌ってる曲もいくつかそのアルバムに入ってました。
Masters At Workは、いまでも日本にたくさんファンがいるハウスミュージック界の大スターで、NY在住のプエルトリコ系です。
上記のMarcででてきたLittle Lous VegaもMasters At Workのメンバーでした。
La IndiaもNYのプエルトリコ系です。
彼女はポップスから、ラテンの大御所Eddie parmieliたちともラテンで活動して、その後ハウスの歌手としても活動。
なのでハウスとラテンが時期によって入り混じってます。今はほぼラテンかな

おんなごころを歌ったサルサが上手で、サルサバーでも彼女の曲はよくかかりますよ。


Masters At Work ft. La India 「 I can't get no sleep」










サルサ歌手の La India

「Ese Hombre」








このまえ、ラテン音楽界の大御所、Eddie Parmieli がマーク・アンソニーは歌はうまいが、サルサのソネーロ(歌手)じゃないって批判したのが話題になってました。

でも、マークはもともとハウス歌手で、そのまえはPOPSだったんだからしょうがないんじゃないのでは、
って私は思いました。







Orquesta Tromboranga

サルサのorquesta tromborangaが来日するそうです。

Orquesta Tromborangaは、スペインを拠点にしてるサルサグループです。

オルケスタ 「トロンボランガ」っていう名前が示すように吹奏楽器がトロンボーンばかり。


コロンビアのカリにいたときにめっちゃ流行ってました。

カリで特に流行っててクラブでもラジオでもよくきく曲が、Agua Que Va Caer。

私がカリでDJやったとき、この曲かけました。



このビデオはカリであったライブの様子です。



Orquesta Tromboranga 「 Agua Que Va Caer 」 





盛り上がってるでしょ。
ビデオの冒頭でヴォーカルに緑の旗をかけた人がいますが、この緑の旗はカリのサッカーチームのです 笑。

チャカポコチャカポコ、カンカンカンカンって打楽器の音がかなりしてますが、これは大半が客が鳴らしてると思います。
ビデオよく見ると、カンパーナっていうカウベルみたいのたたいてる人たちいますよね、カリではクラブやライブに行くときにカンパーナなどを持参する人がけっこういます。


6分42秒くらいから客が踊ってるところが少しうつってますが、これがカリの一般の人たち(サルサのプロダンサーじゃない人たち)が踊る踊り方です


● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



歌詞和訳の別ブログ
※ 歌詞の和訳と歌詞のよみがなはこのブログのサービスでは掲載できなくなったため、別のブログに移動しました。 本文はこちらのブログにあり、 歌詞の部分だけ別のブログに移動しました → http://diafeliz.jugem.jp
NOTE
ラテン以外のトピックについて書いてるNOTE
you tube
歌詞の和訳などをUPしている私のyou tubeチャンネルです
twitter
https://twitter.com/diafeliz_latin
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア