FC2ブログ

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

10月20日にラテン音楽とラテンのお酒のイベント開催します

私の主催でイベント開催します。

今回はラテン音楽とラテンのお酒のイベントです。



場所は東京の渋谷の近くにあるラムとカシャッサ(ブラジルのお酒)専門バー。

DJは私とブラジル音楽のDJの2人。


私はサルサ、バチャータ、メレンゲ、trap latino、レゲトン、ラテンハウス、ラテンポップスやラテンのバラード などスペイン語系のラテンの音楽かけます。
私のDJのときはMCもやって、1曲かけるごとに各曲の一言説明も入れます。

スペイン語の曲の意味が分かった方が楽しめると思います。
ラテンの音楽の解説や歌詞の和訳をしているこのブログが、リアル版になった感じです。


もう一人のブラジル音楽のDJはブラジル音楽全般をかけます。サンバ、パコージ、MPB、アシェなど。
こちらは曲の説明はなく音楽だけです。



フードは、ラテン料理でも定評がある西麻布のラム専門バーのオーナーが提供。
カリブとブラジルの料理です(写真は下に)。

ブラジル音楽のDJは、今回のイベント開催のバーのオーナーでもあります。
ラテンアメリカ各国のラムが数百種類もあるからいろいろ飲めるし、ほんとうにおいしいカイピリーニャやモヒートなどのラテンなカクテルが飲めます。

二人ともラムとカシャッサの専門家なので(ラム協会の理事とカシャッサ協会会長)、お店にあるお酒について質問することもできます。

お酒がダメな方にはノンアルコールカクテルのモヒートやソフトドリンクもあります。



いいラテンの音楽、いいお酒、おいしいごはん。

いい音楽とお酒を「味わう」。

ラテンのお酒やラテンのレコードや本やラテンのものに囲まれ、ソファのラウンジでまったりしながら音楽ききながらおしゃべりもできる。

しかも踊れる。

自分のDJタイム以外は、私も飲んで皆さんと歓談したいと思います。


イベントが楽しみです!




<日時>

10月20日(土)

5PM~9PM



<場所>

Bar Julep

東京都世田谷区池尻2-34-16
TEL:03-3422-7650


東急 田園都市線で渋谷駅から1駅で降りる。  池尻大橋駅。
①改札は1つで、南口方面から外に出る。
②出たらまっすぐ三軒茶屋方面に246号線を高架に沿って数分歩く。
③古畑病院を過ぎたら、すぐ池尻稲荷神社が見える。
神社を左折。神社の左隣が会場のJULEP。1階



<エントランス料金>

1500円






●お店の写真

いごごちがよくてセンスと雰囲気がいい店です。



julep ラウンジ


julep本棚


julepバーカウンター







●お店のカクテル


定番のモヒート、ピニャコラーダ と CUBANITO(キューバのラム HAVANA CLUBにトマトジュースベースのカクテル)。

julepカクテル



ピニャコラーダ


ピニャコラーダ ハバナ



カイピリーニャ(ブラジルの定番のカクテル。 ブラジルのお酒カシャッサやライムなど。甘くてさっぱりとしてる)


カイビリーニャ RIO




カイピリーニャにフルーツ入り。
イベントの時はキウイとブドウの予定。


カイピリーニャ フルーツ JULEP キウイとブドウ



ラムやカシャッサが数百種類あるので、他にも各国の珍しいラムをストレートでも飲めるし、いろいろなカクテルがあります。






●料理


イベントのみの料理。

西麻布のラム専門バーで、オーナーの手作り料理で定評があるTAFIAが提供。

それぞれライスと野菜の盛り合わせつきです。

カリブのマルティニークとグアドループ料理のココナッツチキン

タフィア チキン




ブラジルの豆と肉の煮込み料理。フェイジョアーダ。


tafia ブラジル料理




●完全禁煙

店内は完全禁煙。
電子タバコ、加熱タバコも不可



●お一人でも参加OK


●私の貸し切りは9時で終了ですが、イベント後もお店はひきつづき通常営業しています。


※私のイベントの時は、完全禁煙です。
ですがこのお店はもともと喫煙店です。当日は私のイベントの前は営業してません。イベントの2時間前からドアを開けて換気してくれるそうです。
イベントは貸し切り。 イベント終了後は喫煙店に(通常営業)戻ります。




※ イベントについて質問がある方はブログの右欄のコラムにあるメールフォームからメッセージ下さい




スポンサーサイト



Luz de la Musica 代官山AIRでのラテンイベントの感想

めずらしくイベントの感想でも。。。

代官山のAIRであったイベントにいってみました。
イベントは、ラテンフレーバーのクラブ系イベント 「Luz de la musica」。
これはサルサのイベントではなく、ブラジル、BOSSA、ラテンジャズ、クラブジャズ、そしてサルサなどがいろいろ混じったラテン系クラブミュージックのイベントです。
ラテンつながりでいろんなジャンルのDJがまわすなんて、いいコンセプトだな、センスいい、と思いました。

AIRというクラブはサルサの人には知られてないと思うんですが、、ハウスやテクノなどのダンスミュージック界では有名なクラブです。海外の大物DJも来日したらここでよくプレイしてます。


私が今回このイベントに行った一番の理由はDJです。次に箱。
サルサは好きだし、他のラテン音楽も、ラテン系クラブミュージックも好きなので、両方楽しめるなんてうれしいと思いました。

サルサずっとやってきたけど、もともとハウスやテクノのクラバーの私。ラテンハウスやBOSSA HOUSEやアシッドジャズも昔から好きなんです。
サルサのDJはいつもサルサバーでおめにかかるけど、サルサはじめてからはラテンハウスなどラテン系のクラブミュージックはクラブで聞く(踊る)チャンスがなかなかありませんでした。

今回のイベントはサルサのDJだけじゃなく、ラテンジャズ系のDJ、afrontierのDJ、そしてあのラファエル・セバーグまで。
ラファエルって、U.F.O.(UNITED FEATURE ORGANIZATION)のDJです。90年代頭位におしゃれ系のクラブミュージックとして一世風靡して、CDも売れてました。
90年代に東京の青山にBLUEっていうクラブがあったんです。2002年に惜しまれながら閉店しちゃったのですが、いまだに伝説のクラブです。ラウンジでまったりくつろげるような店内で、そこでクラブジャズなどがかかってるおしゃれで大人な雰囲気でした。U.F.O.もそこでよくプレイしてました。
そういう感じのまったりとしたおとなでおしゃれなクラブってこのごろなかなかないからね~。

しかも今回のイベントは箱(会場)がMANIAC LOVEやYELLOWなき後にもがんばってる代官山AIR。
AIRにはずっと行ってみたいと思ってたんだけど、日本のテクノやハウス系のクラブって「30になってもまだクラブ? 笑」っていわれるくらい年代若いし、正直ちょっと行きづらい空気があるような。

ということで、楽しみにイベントに行きました。



ところが。。。


中に入ってびっくり。
サルサの客ばかりでした。たぶん8割以上サルサ。
イベントの初めにサルサレッスンがあったからかもしれません。

いつもは若い子が多いクラブなんで、AIRのスタッフや常連は客層のあまりの違いに面くらったと思うんですが 笑。

早い時間はサルサのDJだったのでみなさんフロアでサルサ踊ってました。
客はサルサバーなんだけど、照明や音響やまわりの雰囲気はテクノやガラージハウスみたいな。。。 おもしろいMIX。


サルサの客が大半なんで踊ってるので、もしやDJ達も曲をサルサ寄りに変えたのかな?
AFRONTIERやラファエルたちもサルサ結構かけてました。
違うジャンルの人達がかけるサルサは選曲やMIXの仕方も興味深かったしかっこよかったです。


けどメインフロアはサルサ系以外の選曲が意外と少なかったので、それを期待してた私はちょっとがっかり。
あれだけサルサ客ばかりなのでサルサがかからないと客がさーってフロアからひくんですよね。
DJたちは自分がブースに入る前にダンスフロアのはじっこで客の様子を見てました。
クラブのDJは客をクラウドというんだけど、クラウドが盛り上がらなかったら困るのでフロアを見て判断したのかな???



そうそう、サルサ界の人が多かったことで、おもしろいこともおきました。


● サルサではよくある光景だけど ARIのようなテクノ系のクラブでは普通ありえない風景


― バーカウンターの一角にバッグなどの荷物がうずたかく積まれていた。テクノなどの客は荷物はロッカーに入れるのですが、ロッカーがずいぶんあいてるなと思ったらここに置いてた。
― 男女ペアで踊ってる。テクノなどは一人で踊るので。
― 1曲終わるたびにフロアに「ありがとうございました」っていうあいさつの声が響いていた。
― ロッカー前でサルサシューズにはきかえる人がいた(テクノなどは靴ははきかえない)
― サルサのパフォーマンスに出る人たちが、トイレを陣取ってメークや着替えをしていた
― パフォーマンスの時間があり、客がスペースをあけて床に座ってパフォーマンスを見てた。しかも司会がいて「先生ありがとうございました」とか挨拶してた。こういうことは普通のクラブではない
― ダンスレッスン。クラブではレッスンはやらない(ヒップホップなどで習いたい人はダンススクールに行く)
― くるくるスピンしながらまわりの客にぶつかりまくってる。テクノとかは自分の枠からはみでないように踊りぶつからないようにする


サルサで常識と思ってることは、他のジャンルのクラバーには異様な光景かも。。。


●でもサルサの人達にとってテクノの箱(AIR)でやってよかったと思えることは、

― なかなか入りづらいアンダーグランドなクラブの雰囲気を楽しめる。
ー 別のジャンルのDJがかける曲をきける
― 天井が吹き抜けで解放感がある
― フロアが分かれてるので、違うフロアで別の曲をきいたりゆったり座って飲んだりできる。
― おしゃれなムード。

逆に


●AIRにとってよかったことは

― AIRは今まで若い客層が中心だったけど、年代層をぐっとひきあげてもクラブに人が入ることが分かったと思う。
― 日曜日の早い時間という、普通はクラブはやってない時間に営業ができる。
― 年代が上がるとお金があるからドリンクなどもよく買うので、売り上げもあがる。
― 客がおとなしいのでトラブルが少ない。
― ラテンというあらたなジャンルや客を発掘できた

じゃないかと思います。



サルサ界以外の客も少し来てました。
フロアの大半がサルサの客なので、圧倒されて壁の花になってる人も。
サルサの客が幅をとって高速スピンで踊ってるので、脇を通るとぶつかってくるし足踏まれるし、踊るスペースがないし、片隅で細々と踊ってました。


DJブースの前って、普通のクラブではDJのファンとかがブース前で踊るところなんですよ。
サルサはペアの相手のほうを向いて踊ってますが、テクノとかハウスとかはDJが主役なので(日本では)客はDJのほうを向いて踊ることが多いんです。普通のクラブイベントはDJで客をよぶし。
でもそのエリアにもサルサの人がやってきて、場所占領しました。
ローブで線ひいて、こっち側はサルサの人達で、こっちからそれ以外って分けたほうがよかったかな 笑?



そしたらクラブ系の客が、「今日ってなんか違いますよね。あれってラテンの人達ですよね。俺ら場違いかな… やばい」

とぼやいてました。

これを言われちゃったら、今回のイベントやった意義が薄れる。。。

今回はいままでと違ってサルサの客の率が非常に高かったそうです。
サルサ界がたんにテクノの箱を借りてサルサイベントやったような感じも正直否めなかった。でもサルサオンリーで内輪だけで盛り上がればいいんだったら普通のサルサバーでもよくない?


クラブミュージック系では、ハウスにもラテンハウスやBOSSA HOUSEあるし、ラテンジャズもあるし、テクノにもパーカッション多用してるのがあります。クラバーにもラテンぽいのが好きな人はこのようにいるので、彼らにサルサやラテンを知らせて興味持ってもらういいチャンスでもあるんですけどね。

ま、サルサの人達にはクラバーが少なそうだからかもしれないですが。
しかし、排外的な印象をサルサ以外の人に抱かせたのは残念。。。。

ま、今回はサルサファンがすごい多かっただけで、このイベントは以前はもっと選曲や客層が違ったそうです。
なので次回はまた雰囲気変わるかもしれませんね。


イベントのコンセプトはすごくいいので、もう少しクラバー系の人が多くなって客層もいろんなジャンルが混じれば、さらにおもしろくなると思います。
いろんなジャンルの人が集まることで、新しいものがどんどん生まれそう。

みんなラテンつながりなんだけど、
中南米だとサルサはサルサなんでこんな融合は見たことがないです。
こういうおもしろい企画は日本ならではこそだと思います。
日本ってセンスいいDJとか音楽関係の人けっこういると思うしね。

同じ週末にテクノなどの有名な箱のWOMBでもラテンのイベントがありました。
WOMBやAIRでサルサのイベントがあるなんて、以前じゃ考えられなかったこと。
まったく違うジャンルの人達が一緒にときどきイベントやるようになったし。
こういうことがおきてるのは風営法の影響もあるのかしら? もしあるとしたら、風営法にもいい側面もあるんですね 苦笑。

このイベントはとてもおもしろいのでこれからも行こうと思います。

とてもおすすめのイベントです☆☆☆


サルサイベントの写真をSNSに勝手にUPされる件

サルサイベントに行ったら、スマホやカメラ持ったスタッフたちがイベント中ずっと客をぱちぱち撮影してました。
そのイベントの写真は後日ネットにUPされてました。

このごろいろんなサルサイベントやレッスンなどの写真やビデオをネットで目にします。
特にfacebookなどのSNS。

相手に承諾とってるならいいんだけど。
けど、「撮ってもいいですか」ってことわって写真とるわけじゃなくて、勝手に写真を撮られる場合がほとんど。
レッスン中じゃレッスン途中で逃げるわけにもいかない。

イベントの場合、一つのイベントでたくさんの写真をUPしてるからそのイベントに来てた人はほとんどネットに写真をUPされてる可能性が。
you tubeにでもupされる場合もあります。


前からサルサのイベントとかパフォーマンスなど写真やビデオはネットによくupされてたけど、サルサの先生とその生徒さんの内輪だったり、イベントだったら少し遠くからぼかして撮ったり、顔が分からないように写真をモザイク加工するなど、個人が分からないように配慮してる写真もありました。

でもこのごろは顔がはっきり分かる写真が多いです。
facebookの流行の影響でしょう。

HPやブログは世界中の人が見れます。
スマホで気軽に写真撮ってその場ですぐfacebookにupしちゃう人が多いですよね。
でも、facebookはたとえ公開を友達限定にしていても情報が漏れたり、セキュリティ管理の甘さが世界で問題になってます。

知らないうちにあなたの写真が世界に出回ってるかも。。。
google検索で出てきたり。


そんなおおげさに考えなくても、と思う人もいるかもしれませんが、
ネットにupされた写真が第三者に悪用されたり(写真を出会い系やアダルトサイトに使われるとか)、個人の誹謗中傷につかわれたり、女性の場合はストーカー(殺人)などのインターネット犯罪事件が実際おきています。

しかもサルサはペアダンスだから、異性と踊ってるのが奥さんや会社の人にばれたらマズイ人もいるかも。


facebookなどSNSに自分の写真を勝手に掲載されることに不快感を感じてる人が9割、というニュースもあるんですよね。


UPしてる人たちはなにも悪気があるわけじゃないでしょう。
サルサイベントの写真をUPしてる人はたんに友達に見せたいと楽しみでやってるんだろうし、イベント主催者やインストラクターやスタッフはイベントやレッスンの宣伝のためでしょう。
SNSに写真たくさんUPして宣伝しろと主催者や店から言われてるスタッフたちもいるし。

でもイベントやクラブに行きたいけど写真をネットにUPされるのが嫌で行かない人もいるんですよね。。。。


サルサの日

海外のラティーノから、「今日はひなまつりの日だよね」と言われたので (←よく知ってるよね)、

「うんそうだよ。  … そして、今日はサルサの日でもある」と答えたら

「なんで サルサの日?」ときくので、


「3月3日、  3 0 3 サ ル サ だから」

と言ったら 超ウケて爆笑してました。


「まじ~、うそだろ~、jajajajja (ハハハハ)」って笑ってるけどさ、
サルサ界のトップであるSHJ(サルホ)がそう定義したんだから、ほんとに

今日は サルサの日 なのよ。

ひなまつりだから、サルサバーは女の子はタダにしてくれたらいいのにネ。


プエルトリカンパレードはstinks?

6月といえば、前に何度かブログで紹介したNUEVA YORK(ニューヨーク)のプエルトリカンパレードの時期ですね。

「Puerto Rican パレード」で紹介

Marc Anthony, Jennifer Lopez, Daddy Yankee, Wisin y Yandel などラテン界のスーパースターたちが目白押しのパレードです。


それに行きたい、行きたいと毎年思ってるのに、まだその夢はかなってません。




このまえNY出身のアメリカ人と話したとき、

「そういえばNYといえばプエルトリカンパレードじゃん!! 」と私が言ったら、


「あーーーーー、あの  しょんべん臭いイベント   か」って言われました。


えええ、しょんべん臭い…??


「ごめん、ごめん。言葉が汚かったよね。でもほんとにそうなんだよ。トイレがないからみんな通りのあちこちでたちションするからすごい臭いんだよ。 それに犯罪も起きてるし、地元住民からしてみたらあんまりおもしろくないイベントだよ」だって。


そういえば、ベルリンのラブパレードっていうテクノパレードもドイツ人たちが同じ文句言ってたなー。


ああ、私の夢のパレードが… 


● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



歌詞和訳の別ブログ
※ 歌詞の和訳と歌詞のよみがなはこのブログのサービスでは掲載できなくなったため、別のブログに移動しました。 本文はこちらのブログにあり、 歌詞の部分だけ別のブログに移動しました → http://diafeliz.jugem.jp
NOTE
ラテン以外のトピックについて書いてるNOTE
you tube
歌詞の和訳などをUPしている私のyou tubeチャンネルです
twitter
https://twitter.com/diafeliz_latin
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア