カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

Leslie Grace まとめ。  若きラテンの歌姫

SUPER JUNIORの「LO SIENTO」でコラボしていま注目を集めてるLeslie Grace。

レスリー・グレースって誰? って思った方。

これを読めばレスリー・グレースがわかる。

Leslie Graceのまとめ です。






レスリー・グレースはドミニカ系の米人の歌手です。

「Lo Siento」見たけどレスリー・グレース知らないK-POPファンは多いでしょうし、ラテン音楽やラテンダンス好きにもレスリーを知らない人がいるかもしれないので説明しますね。


実はもうレスリーについてはこのブログで今まで5回ほど紹介してきてるんだけどね。



レスリーは、ラテンの若手の女性歌手です。


ラテンの女性歌手というとシャキーラやジェニファー・ロペスなどが有名だけど、彼女達は40代でベテラン。

一方、20代の若い世代の女性歌手は、アメリカを中心に世界でも人気があがり、日本でも結構知られてきました。


20代の若手のラテン女性歌手には、レスリー・グレース、Becky G、Karol G、Camila Cabellom、ブラジルのAnittaなどがいます。


アメリカ生まれで米で活動するジェニファー・ロペスなどと違って、中南米にいる女性歌手は男社会のラテン音楽界で苦労が多かったようです。実力があるのにKarol Gは男の世界のレゲトン界ではずっとデビューさせてもらえなかったそう。



けどいまラテン音楽が世界でブーム。
去年は「Despacito」が世界を席巻しましたよね。

コロンビアのレゲトン歌手J Balvinの「Mi Gente」も世界で大ヒット。
コロンビアのレゲトンのmalumaやレゲトンのNicky JamやOzunaなどもヒットチャート入り。
レゲトンのDaddy YankeeやDon Omarやラッパーのピットブルは日本でも人気ですよね。


そういうラテン人気の時代になって、ラテンの若手の女性歌手が世界の注目を集めることが多くなりました。




その中でも私が注目してるのが、レスリー・グレースとレゲトンのKarol Gです。


Camila Cabelloはfifth harmonyのポップス歌手だし、Becky Gもポップス歌手。二人とも血はラティーナだけどアメリカ人(Camilaはメキシコ混血のキューバ系米人、Beckyはメキシコ系米人)。

Karol Gはコロンビアのメデジン出身のレゲトンのラッパーでうまい。

レスリーはいろんなジャンルを歌えるし歌唱力があり、ダンサーでもあるのでダンスもうまい。
しかも自分で作曲もするそうです。
ファッションも注目されてる。




レスリー・グレースは2009年にデビューしてもう歌手歴9年なのに、まだ23歳なんです。
1995年生まれ。
子供の時にもうデビューしてたということ。


両親がドミニカ人で、アメリカ移民。
ドミニカ系移民の両親のもとにNYのブロンクスで生まれたアメリカ人です。
NYで生まれてフロリダで育った。両方ともラティーノが多い地域ですね。
NYにはドミニカ人のコミュニティもあり、ドミニカンパレードも毎年NYで開催されてます。
レスリーは英語とスペイン語のバイリンガル。

子供の時から歌を歌っていて、歌がぬきんでうまく才能があった。
中学生の時に、キリスト教音楽のCDをリリース。


メジャーデビューは2012年。この時にバチャータに転向。
彼女はドミニカ系で、バチャータはドミニカ共和国発祥の音楽とダンス。


2012年の「Will You Still Love Me Tomorrow」というバチャータの曲で、全米ヒットチャートのトロピカルミュージック部門とAirplay部門で1位獲得。
17歳という最年少記録を達成。


この曲はサルサバーやイベントでもときどきかかるからサルサ界の人には知ってる人も多いと思う。


60年代のThe Shirellesの大ヒットナンバー(日本でも当時は超ヒット)した有名な曲のバチャータのカバー。



「Will You Still Love Me Tomorrow」 Leslie Grace




元曲は知ってるでしょ?
60Sの名曲だよね。




もうひとつこのころに、同じく昔のヒット曲のバチャータバージョンを出してる。



「Be My Baby」









この2つの曲が、サルサ界では一番知られた曲だと思います。
っていうか、これしか知らない人が多いかな。

2つとも彼女のアルバム「Leslie Grace」に収録され2013年にリリース。
このアルバムは、全米ヒットチャートのビルボードのアルバムラテンチャートで4位、ビルボードのトロピカルアルバムチャートで3位になりました。




その後もバチャータの曲をリリース。


「 Cómo Duele el Silencio」







このころは中南米や日本のサルサ界ではバチャータがすごい流行った時期だから。
ロメオ・サントスやプリンス・ロイスは、今までバチャータが流行ってなかった国でもバチャータブームを作りました。
たとえばメキシコとかコロンビアはバチャータはそれまでは、サルサのダンサーとかは踊ってたけど、一般人はほぼきいてなかったし知らない人も多かった。
けど2013年に行ったらいきなり大ブレイクしてました。




それにレスリーはドミニカ系でしょ。

ドミニカ人はバチャータ大好きで、ドミニカ人達と一緒にいると朝から晩までバチャータ漬けになりました。

私が日本の南米人ばかりくるラテンディスコでDJやってた時にドミニカ人のグループが来ると大変。
DJブースの前にへばりついて、次から次へとドミニカのバチャータばかり(米のバチャータじゃなくてドミニカの)かけろとリクエスト(というか強引な要求)をしてきます。彼らのリクエストに応えると他の国の人達からはブーイング出るし。




レスリー・グレースは前からサルサバーでかかる曲としては知ってたし、うまいシンガーだなとは思ってました。






しかし彼女がほんとにメインストリームにのったのは、違うジャンルです。



最近「デスパシート」などのラテンの曲が世界で大ヒットするようになりましたが、世界で売れる曲はレゲトンやラテンポップスやラテンのダンスミュージックが多いです。

サルサやバチャータなどのトロピカル系は踊り方を知らないと踊れないでしょう。

けどレゲトンやポップスやダンスミュージックは、誰でも踊れますしね。
世界で受け入れられやすい。





2015年にレスリー・グレースはアメリカのSONY MUSIC LATINと契約。


そしてこのころからジャンルがかなりメジャー路線になります。



世界で大人気のイケメンのコロンビア人のレゲトンシンガーMalumaとコラボした曲をリリースしました。
この曲はラテンポップスですが、malumaがコラボしてるのでレゲトンのリズムが入ってます。
ラテンに興味ない人でもききやすいし、踊りやすいと思います。



「Aire」 Leslie Grace ft. Maluma









これは同じ曲AIREの ラテン音楽賞 Premios Juventud の2016年のライブです。
malumaも途中から出てきます。
これを見るとLeslieはライブでの演技やダンスもうまいなと思います。








この辺からレゲトンを歌う事が多くなった。
米や中南米ではレゲトンがラテンで一番人気なんですよね。
特に若い世代には、レゲトンだダントツ人気です。
ビルボードのラテンのランキング見ると上の方にはレゲトンとレゲトンから派生したTrap latinoばかり並んでます。





2017年は、ラテンの若手女性人気歌手のコラボ、 Becky Gと2人で曲をリリース。
これもレゲトン。
Becky Gもポップス歌手ですが、「Mayores」などレゲトンの男性歌手とコラボしてレゲトンをリリースする事が多くなりました。


「Díganle」  Leslie Grace , Becky G





これは2人ともアダルトでセクシー系な感じ。
女性でも踊りやすいレゲトン。






そして去年はレゲトンの大御所のWisin (Wisin y YandelのWisin)とレゲトンの曲もリリース。
こっちはポップでかわいい系。
ビデオはちょっとエッチな感じもするけど。

でもこれは彼女の新しい魅力もわかるストリート系な感じ。
今まではアダルトなセクシー系だったので、新たな一面。


「Dulce」 Leslie Grace , Wisin









Super Junior とのコラボ「Lo Siento」をプロデュースしたPlay-N-Skillzの曲に2017年に参加。
これがLo Sientoで再び組んだ元になってます。

レゲトンです。


「 Si Una Vez」 Play-N-Skillz ft. Frankie J, Becky G, Kap G










そして今年2018年。

レスリーは レゲトンのプエルトリコ人の歌手 NORIELとレゲトンの曲をリリース。
私は個人的にこの曲好きです。
おススメ。


「 Duro y Suave」Leslie Grace ft. Noriel









今年は上にあげたラテンの20代の若手人気女性歌手が集合した曲もリリースしました。

それがこの曲。


「Mi Mala」 Mau y Ricky, Karol G  ft. Becky G, Leslie Grace, Lali






Mau y Rickyは、Ricardo Montenerというベネズエラ人の歌手の息子2人のデュオです。アメリカ生まれ。
オリジナルは彼らと、コロンビアのメデジン出身のレゲトン女性歌手のKarol Gの曲。
そのリミックス版がこちらです。
Karol Gはブロンドの女性。
レスリー・グレースが最初に出てくる。
3番目の黒髪のセクシー系がアルゼンチン人のLali。
4番目の背が低くてかわいい系の黒髪の子が、Becky Gです。

la malaは悪い女。





そして今月に入って、レスリー・グレースはラテン音楽史上で初の事をしました。

それはK-POPとのコラボです。
ラテンとK-POPのコラボは初めてで、世界市場に向けてリリースする為に作られました。

K-POPスターのSUPER JUNIORとのコラボの曲、「Lo Siento」です。
彼女はスペイン語、 SJは韓国語に英語を少し入れて歌ってます。



「Lo Siento」Super Junior ft. Leslie Grace






この曲はまたたくまに世界のヒットチャートにあがってきていて、全米ヒットチャート・ビルボードもどのくらいのランキングに入ってくるか楽しみな曲と言ってました。

この曲については前回詳しく説明して和訳したので、そちらを見て下さい。


「「Lo Siento」Super Junior ft. Leslie Grace。歌詞全訳。ラテンとK-POPのコラボ」

レスリー・グレースは、韓国に滞在してK-POPのアーティストと一緒に曲作りをして、K-POPの音楽やダンスも吸収できたし、ラテンの音楽やリズムやダンスもあの曲に入ってラテンの影響も与え、いい経験が出来たと言ってます。


Super Juniorがこれから中南米7か国にツアーするそうですが、Leslie Graceも出演するとのこと。
その動画があがるのが楽しみです。







このようにレスリー・グレースはこのようにいろんなジャンルの音楽を歌ってきた。

彼女はインタビューで答えて、自分はドミニカ系でNYのブロンクス生まれてフロリダ育ちだから、いろんなジャンルの音楽やダンスに囲まれて育った。
小さい頃から歌を歌ってきたが、自分を今まではぐくんできた音楽を今表現してるだけだ、と語ってました。

それは確かにいえてる。




レスリー・グレースは私も注目してるおススメの歌手なので、チェックしてください。
今後またなにか新しいことをやってくれるんじゃないかと期待してます。





自分が今までこのブログで書いた過去の記事で検索かけたら、Leslie Graceについてはなんと2012年から書いてました。


●2012年のラテングラミー賞が最初。
「Will You Still Love Me Tomorrow」でです。

「ラテングラミー賞 2012年 」


●2017年の上半期 ラテン音楽ランキングにも入ってる

「2017年の上半期 ラテン音楽ランキング」


●ラテンで注目すべき2人の若い女性歌手としてBecky Gと一緒に紹介した記事


「ラテン系米人アイドルのレゲトン Becky GとLeslie Grace」


●ラテン音楽界が今までずっと男性社会で、中南米在住の女性歌手は実力があるのに苦労してきたが、やっと今の時代になってヒットチャートにも入ってきたという話。


「ラテン音楽界の女性差別と人種差別に変革のムーブメント」


●Super Juniorとのコラボ

「「Lo Siento」Super Junior ft. Leslie Grace。歌詞全訳。ラテンとK-POPのコラボ」





ラテングラミー賞のノミネート者発表

今年のラテングラミー賞のノミネート者が昨日発表されました。

本当は1週間半ほど前に発表されるはずでしたが、米やカリブ海のハリケーン被害とメキシコの地震被害があり、ラティーノが多く住む地域だったし、ラテンアーティストも居住してたり出身地が多くて、ラテン音楽賞どころではありませんでした。ラテンのアーティストたちは、音楽で被災者を元気づけたり、支援活動をよびかけていくとのこと。



授賞式は11月ですが、ノミネート者を発表したんです。
スペイン語と英語しかないので、和訳してここにまとめますね。




このブログでもよくとりあげるジャンルや曲には見やすいように色をつけますね。



まずは大きな大賞4つから



⚫️ 最優秀レコード賞


「La Flor De La Canela」 
Rubén Blades



「El Surco」 
Jorge Drexler


「Quiero Que Vuelvas」
Alejandro Fernández



「Despacito」 
Luis Fonsi Featuring Daddy Yankee


「El Ratico」 
Juanes Featuring Kali Uchis



「Amárrame」 
Mon Laferte Featuring Juanes


「Felices Los 4」
Maluma


「Vente Pa' Ca」
Ricky Martin Featuring Maluma



「Guerra」 
Residente


「Chantaje」
Shakira Featuring Maluma








⚫️ 最優秀アルバム賞



「Salsa Big Band」 
Rubén Blades Con Roberto Delgado & Orquesta



「Obras Son Amores」 
Antonio Carmona


「A La Mar」
Vicente García

「Fénix」 
Nicky Jam



「Mis Planes Son Amarte」 
Juanes



「La Trenza」
Mon Laferte


「Musas (Un Homenaje Al Folclore Latinoamericano En Manos De Los Macorinos, Vol. 1)」 
Natalia Lafourcade


「Residente」 
Residente


「El Dorado」 
Shakira



「Palabras Manuales」 
Danay Suarez







⚫️ 最優秀楽曲賞



『Amárrame』
(Mon Laferte Featuring Juanes)


『Chantaje』
(shakira)



『Despacito』
(Luis Fonsi, Daddy Yankee)



『Ella』
(Ricardo Arjona)


『Felices Los 4』
(maluma)


『Guerra」
(residente)



「La Fortuna」
(Diana Fuentes Featuring Tommy Torres)


「Tú Sí Sabes Quererme」
(Natalia Lafourcade Featuring Los Macorinos)


「Vente Pa' Ca」 
(Ricky Martin ft. Maluma)








⚫️ 最優秀新人賞


Paula Arenas


CNCO


Vicente García

Martina La Peligrosa

Mau y Ricky

Rawayana

Sofía Reyes

Rosalía

Danay Suarez

Sebastián Yatra






ここまでが4つの大賞。
ここから各部門です。


部門が40以上あって多すぎるのでこのブログに関係あるジャンルを中心に書き出します。
残りはグラミー賞のHPで見てください。





⚫️最優秀コンテンポラリー・ポップヴォーカルアルバム賞


「Hijos Del Mar」
David Bisbal

「Rompiendo Fronteras」
Alejandro Fernández

「Flora y Faῦna」
Camila Luna

「El Dorado」
Shakira

「Extended Play Yatra」
Sebastián Yatra







⚫️ 最優秀トラディショナル ポップヴォーカルアルバム賞


「Libre」
Franco De Vita

「Salón, Lágrimas y Deseo」
Lila Downs

「Vestido De Etiqueta Por Eduardo Magallanes」
Juan Gabriel

「Una Vida」
Ednita Nazario

「El Tren De Los Regresos」
Yordano





⚫️BEST URBAN FUSION/PERFORMANCE


「Si Tu Novio Te Deja Sola」
J. Balvin Featuring Bad Bunny


「Despacito (Remix)」
Luis Fonsi & Daddy Yankee Featuring Justin Bieber



「El Amante」
Nicky Jam


「Dagombas En Tamale」
Residente


「Chantaje」
Shakira Featuring Maluma








⚫️ BEST URBAN MUSIC ALBUM



「Big Yauran」
J Álvarez

「El Círculo」
Kase.O

「Rap Komunion」
Arianna Puello

「Coisas Do Meu Imaginário」
Rael

「Residente」
Residente






⚫️ BEST URBAN SONG


『A Chapa É Quente!』
(Língua Franca)


「Coqueta」
(Ghetto Kids)


「El Amante」
Nicky Jam


「Hey Ma (Spanish Version)」
(Pitbull & J Balvin Featuring Camila Cabello)



「Papa」
(Lápiz Consciente & Vico C)


「Somos Anormales」
(Residente)







⚫️ 最優秀サルサアルバム賞


「Tributo A La Salsa Colombiana 7」
Alberto Barros


「Salsa Big Band」
Rubén Blades Con Roberto Delgado & Orquesta


「Fase Dos」
Juan Pablo Díaz


「ADN」
Alain Pérez


「Isidro Infante Presenta... Cuba Y Puerto Rico, Un Abrazo Musical Salsero」
Varios Artistas






⚫️  最優秀クンビア・バジェナートアルバム賞


「Ni Un Paso Atrás」
Jorge Celedón y Sergio Luis Rodríguez


「Gente Valiente」
Silvestre Dangond


「Sin Límites」
El Gran Martín Elías y Rolando Ochoa


「Cumbia Del Río Magdalena」
Juventino Ojito y Su Son Mocaná


「Patrimonio Cultural」
Jorge Oñate y Alvaro López






⚫️  最優秀コンテンポラリートロピカルアルバム賞



「Teatro」
Lucas Arnau

「La Parranda De Gaitanes」
Gaitanes

「Bidimensional」
Guaco

「Devuélveme Mi Libertad」
Frank Reyes

「Five」
Prince Royce








⚫️ BEST TRADITIONAL TROPICAL ALBUM


「Albita」
Albita

「Cuba Sobre Cuerda」
Babalú Quinteto

「Raíz」
El Septeto Santiaguero

「El Añejo Jardín」
La Colmenita (Varios Artistas)

「To Beny Moré With Love」
Jon Secada Featuring The Charlie Sepúlveda Big Band






⚫️ BEST TROPICAL FUSION ALBUM



「Coletera」
Colectro

「Contra Corriente」
Gabriel

「Porrock」
Adriana Lucía

「Salsangroove」
Salsangroove

「Olga Tañón Y Punto.」
Olga Tañón






⚫️ BEST TROPICAL SONG


「Bachata En Kingston」
(Vicente García)


「Cuando Beso Tu Boca」
(Mojito Lite)


「Deja Vu」
(Prince Royce With Shakira)


「Deje De Amar」
(Felipe Muñiz Featuring Marc Anthony)


「Hijos Del Cañaveral」
(Residente)









⚫️ BEST ALTERNATIVE MUSIC ALBUM


「Jei Beibi」
Café Tacvba

「Apocalipsis Zombi」
El Cuarteto De Nos

「La Trenza」
Mon Laferte

「La Promesa De Thamar」
Sig Ragga

「Palabras Manuales」
Danay Suarez





⚫️ BEST ALTERNATIVE SONG


「Amárrame」
(Mon Laferte Featuring Juanes)

「Antonia」
(Sig Ragga)

「Apocalipsis Zombi」
(El Cuarteto De Nos)

「Apocalíptico」
(Residente)


「Integridad」
(Danay Suárez Featuring Stephen Marley)







他にもポルトガル語の部門やタンゴ、メキシコのバンダやノルテーニャ、ジャズ、クラシックなど各賞があり、興味ある方はラテンビルボードのHPでみてください。



いやー、今年は「Despacito」が世界を席巻したので、あれが大賞とるでしょうね。
ラテングラミーだから、アメリカで売れたのが一番重要なポイントだし。
でも「Despacito」は楽曲やその楽曲の制作関係とかだと思う。アルバムじゃなくて。


今回たくさんノミネートされてたのが、Residente。
ResidenteはCalle13ですよ。
プエルトリコ人の。
何部門もノミネートされてるのでどれかはとるでしょう。


今年もコロンビア勢強いですね。
フアネス、シャキーラ、maluma, J Balvin。
レゲトンのNicky Jamもコロンビア人と結婚してコロンビア在住なので、このごろはコロンビア勢に入れられてるし。


アーバンの方にレゲトンやtrap latinoの歌手やその歌がぜんぜん入ってない。
中南米の若者にいま一番人気なのに、トラップの歌手も曲もぜんぜん入ってない。J Balvinの曲でfeaturingしてるbad bunnyくらい。
これはちょっと解せない。


バチャータのRomeo Santosのアルバム「Gold 」は今年じゃなくて来年に入るのかな?

J Balvinの「Mi Gente」も来年なんだろうね。





売れたのに入ってないねって曲もあるかもしれないですが、
アメリカのグラミー賞のラテン部門なのでしょうがない。



ブラジルの新聞がラテングラミー賞のノミネートを批判するようなことを記事に書いてました。

http://www.nikkeyshimbun.jp/2017/170927-01topics.html


ブラジルの新聞記事に

「 ブラジル音楽がラテングラミー賞からシャットアウト。
26日、ラテン・ミュージック界最大の音楽賞、ラテン・グラミー賞の発表が行われたが、今年は遂に、主要部門からブラジル勢の名が消えた。
 今年のラテン・グラミーは、ラテン音楽史上最大級の世界的ヒットとなった、プエルトリコの男性歌手ルイス・フォンシの「デスパシート」が注目されているが、毎年、最低でも1曲、1アーティストはノミネートされていた、最優秀楽曲や最優秀アルバム、最優秀新人賞といった部門から、ブラジル勢の名が消えた。

 元来、ラテン・グラミーはアメリカ在住の中南米系のマーケットを狙ったものでもあるため、どうしても、プエルトリコやメキシコ、そしてこのところスペイン語圏を狙った音楽市場への進出が著しく、「中南米における韓国」のような位置づけになりつつあるコロンビアのアーティストにどうしても偏りがちな傾向がある。

 今年も、プエルトリコの人気ラッパー、レジデンテが9部門でノミネートされてトップ、コロンビアの人気男性歌手マルマが7部門でノミネートされ、それに続く。既に英語作品で世界的実績のあるコロンビアのシャキーラは6部門。チリの人気女性ロック歌手、モン・ラフェルテも5部門で続いている。
 ブラジルは、アニッタが世界進出を目指しており、前述のマルマとデュエットも行っているが、今回の対象には入らなかったようだ。」



と批判してる。
ブラジルは去年も確か同じようなことで批判してた。
去年はコロンビア勢がラテングラミー賞の大きな賞を総なめしたから。
コロンビアがアメリカに地理的に近いからひいきされてるんだろうとか書いてたような。けどさ、コロンビアとブラジルって近接した隣国じゃん。

ブラジル音楽は6部門くらいラテングラミー賞にあって、ポルトガル語圏の音楽の部門やサンバ部門などある。
でもここで言ってるのは、レコード大賞や最優秀楽曲賞などにブラジルの曲が入ってないのは、ブラジルのシャットアウトだということなんですよ。

シャットアウトしたわけじゃなくて、たんにブラジル発の曲が去年から今年にかけて売れてないだけじゃん。
なにか世界で大ヒットした曲ある?
ブラジルの曲で。
ぜんぜんないじゃん。
ヒット飛ばしてないのに、しめだしたとか逆ギレしないように。

コロンビアは中南米の韓国として米の注目を浴びてる立場となにその表現?
プエルトリコは地理的に米に近いのでひいきされてたくさん入ってるとかいってるけど、プエルトリコは確かに米領だけど近いけど、近いならジャマイカやドミニカやキューバが米に近いじゃん。

プエルトリコの曲がたくさん入ってるのは、プエルトリコ人の「Despacito」が世界に歴史的なヒットを出したことと、
プエルトリコでヒット曲がたくさん出たからだよ。サルサ国でレゲトン国だからね。
スペイン語という障壁を乗り越えて、世界にヒットさせたのはすごい。

コロンビアは地理的とか立場的にひいきされてるんじゃなくて、シャキーラやフアネスは昔から世界のスターだし、J balvinやMalumaは世界にたくさんファンがいるし、Sebastian Yatraだって中南米以外に米などでかなり売れた。
コロンビアの音楽界はここ何年かすごい勢い。
「Despacito」の次の世界ヒット曲はコロンビアのJ Balvinとかが出すんじゃないかといわれてるくらい。


ブラジルのアニータはたんにMalumaをfeaturingさせてビデオでチューして話題になっただけで、ラテン界でヒットにならなかったよ。
ブラジルも世界市場に目を向けてヒット曲を出してください。がんばってね

スペイン語圏はこのごろは中南米や米やスペイン語圏だけじゃなくて世界市場を見てるから。



授賞式は11月です。

受賞曲がわかったら、また11月にUPしますね。




2017年上半期 ラテン音楽ランキング(ビルボード)

2017年上半期(1月〜6月)のラテン音楽のランキングがビルボードから発表されました。
全米ヒットチャートのbillboardです。


https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=1145#
総合ランキング1位は 「Despacito」Luis Fonsi ft. Daddy Yankee, Justin Bieber

2位は 「Chantaje」Shakira ft. Maluma


です。

「Despacito」は1996年に世界で大ブームになった「マカレナ」以来のラテン音楽の大ヒットだそうなので、1位になるのはあたりまえですね。






さて各部門のランキングも見てみましょう。




 <アルバム売り上げ ランキング> 



1. Shakira 「 El Dorado」

2. Prince Royce, 「Five 」

3. Juan Gabriel 「 Mis Numero 1」

4. Juan Gabriel 「Los Duo」

5. Selena 「 Amor Prohibido」

6. Nicky Jam 「Fenix」

7. Selena 「Ones」

8. Juan Gabriel 「Los Duo 2 」

9. Alejandro Fernandez 「Rompiendo Fronteras」

10. Marco Antonio Solis 「40 Años」





 <デジタル音楽売り上げ(シングル) ランキング> 



1. Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. Justin Bieber 「Despacito」

2. Shakira ft. Maluma 「Chantaje」

3. Nicky Jam 「El Amante」

4. Enrique Iglesias ft. Descemer Bueno, Zion & Lennox 「Subeme La Radio」

5. Play-N-Skillz ft. Frankie J and Wisin & Leslie Grace or Becky G & Kap G 「Si Una Vez」

6. Pitbull & J Balvin ft. Camila Cabello 「Hey Ma」

7. Enrique Iglesias ft. Descemer Bueno & Gente De Zona 「Bailando」

8. Carlos Vives & Shakira 「La Bicicleta」

9. Shakira 「Me Enamore」

10. Don Omar & Lucenzo 「Danza Kuduro」





 <オンデマンド (ビデオとオーディオ) ランキング> 



1. Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber 「Despacito」

2. Shakira featuring Maluma 「Chantaje」

3. Nicky Jam 「El Amante」

4. Christian Nodal 「Adios Amor」

5. CNCO 「Reggaeton Lento (Bailemos)」

6. Nicky Jam 「Hasta El Amanecer」

7. Enrique Iglesias featuring Descemer Bueno & Gente De Zona 「Bailando」

8. Ricky Martin featuring Maluma 「Vente Pa’ Ca」

9. Daddy Yankee 「Shaky Shaky」

10. Ozuna 「Dile Que Tu Me Quieres」





 <オンデマンド (オーディオ) ランキング> 



1. Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber 「Despacito」

2. Shakira featuring Maluma 「Chantaje」

3. Nicky Jam 「El Amante」

4. Nicky Jam 「Hasta El Amanecer」

5. Ozuna 「Dile Que Tu Me Quieres」

6. CNCO 「Reggaeton Lento (Bailemos)」

7. J Balvin 「Safari」

8. Enrique Iglesias featuring Descemer Bueno & Gente De Zona 「Bailando」

9. Enrique Iglesias featuring Descemer Bueno, Zion & Lennox 「Subeme La Radio」

10. Zion & Lennox featuring J Balvin 「Otra Vez」





 <オンデマンド (ビデオ) ランキング>  


1. Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber 「Despacito」

2. Shakira featuring Maluma 「Chantaje」

3. Christian Nodal 「Adios Amor」

4. Nicky Jam 「El Amante」

5. Ricky Martin featuring Maluma 「Vente Pa’ Ca 」

6. CNCO 「Reggaeton Lento (Bailemos)」

7. Enrique Iglesias featuring Descemer Bueno & Gente De Zona 「Bailando」

8. Daddy Yankee 「Shaky Shaky」

9. Calibre 50 「Siempre Te Voy a Querer」

10. Nicky Jam 「Hasta El Amanecer」




「Despacito」はアルバムに入ってないのでアルバムランキングにはないけど、その他の部門ではすべて1位です。
アルバムはシャキーラの「El Dorado」なんですね。


びっくりしたのは、2010年に大ヒットした「Danza Kuduro」(Don Omar ft. Lucenzo)がまだシングル売り上げランキングにランクインしてたことです。
7年前の曲なので息が長い。
日本でもまだ流行ってるよね。ラテン以外のクラブでもかかるし。


オンデマンド(リクエスト)の方は去年の曲が結構多いですね。

Ozunaが2つも入ってる。
trap latinoで入ってるのはozunaだけ。
trap latinoはアメリカであんまり流行ってないのかな? 中南米では若者に大人気だが。


あとmalumaはfeaturingで参加した曲以外入ってない。たぶんmalumahは「cuatro babys」が歌詞が女性差別だとして放送禁止になったりしたからじゃないかと思います。彼がリリースしてる曲は放送上やばいのが多いので。


ビルボードラテン音楽賞でトップになったレゲトンのNicky Jamは今年のランキングも好調ですね。去年の曲もあるけど。

calibre50はメキシコのバンダ(ムジカ ノルテーニャ)で、アメリカはメキシコ系が多いのでそのジャンルが人気です。

juan gabrielとselenaはもう故人です。



各曲の歌詞の和訳や曲の解説は、以前私がブログに書いた記事をみてください。
↓ ↓ 


「 Despacitoの歌詞の和訳とよみがな Luis Fonsi ft daddy yankee(ジャスティン・ビーバー版も)」

「 vente pa’ca (Ricky martin ft.Maluma)の歌詞和訳」

「ワイルドスピードの”Hey Ma” 歌詞和訳。Pitbull, J Balvin」

「 “Chantaje” Shakira ft. Malumaの歌詞和訳」

「”Bailando” エンリケ・イグレシアス ft. Gente de Zonaの歌詞和訳@ドミニカ with キューバ人 」

「 レゲトン nicky jam “ El Amante”の歌詞和訳」

「 コロンビアのビーチが楽しめるシャキーラの曲 “bicicleta“」

「レゲトン歌うアイドルグループ CNCO 」



さて2017年の下半期はどういう曲がランクインしてくるでしょうね。

malumaは難しいかもしれないな。だって次の新曲の名前が「sex」。。。。
malumaはランキングにけんか売ってんのか 笑。 その前は不倫の歌の「felices los 4」だし。

ビルボードは全米ヒットチャートなので、ラテンアメリカでのランキングと多少違うところもありますが、「despacito」などの大ヒット曲はだいたい同じです。









ビルボードのラテン 2016年ランキングとラテン音楽賞受賞曲の検証

全米ヒットチャートのビルボードのラテン音楽賞の受賞者を先日ブログに書きました。
→  「 ビルボードラテン音楽賞(2017年)発表」

その結果にいまいち納得できないとこがあったので、ビルボードの去年のラテンヒットチャートを確認してみました。
今までこうやって見返したことないんですが、ビルボードのラテン見てたのになんであの曲やあの人入ってないのって思ったのが今回は結構あったので。



2017年のラテン音楽賞ですが、2016年に流行った曲から選んだのだろうと思います。




これが2016年のラテンヒットチャートの年間ランキングです。



1位  Nicky Jam 「Hasta el Amanecer」


2位  Enrique Iglesias 「Duele el Corazon」


3位  J Balvin 「Ginza」


4位  Calros Vives y Shakira 「La Bicicleta」


5位     (Banda Sinaloense MS de Sergio Lizarraga  「Solo con Verte」メキシコ、バンダ)


6位  J Balvin 「Bobo」


7位  Maluma 「El Perdedor 」


8位  Daddy Yankee 「Shaky Shaky」


9位 Yandel 「Encantadora」


10位 Nicky Jam & Enrique Iglesias 「EL PERDON」




12位 Maluma 「BORRO CASSETTE」


13位 Farruko 「OBSESIONADO」


14位 Farruko 「Chillax」


15位 Prince Royce 「LA CARRETERA」


16位 Reik ft. Nicky Jam 「YA ME ENTERE」


17位 Chino & Nacho Featuring Daddy Yankee 「ANDAS EN MI CABEZA」


18位  IAmChino Featuring Pitbull, Yandel & Chacal 「AY MI DIOS」



21位 Gente de Zona Featuring Marc Anthony 「TRAIDORA」


22位 J Balvin Featuring Pharrell Williams, BIA & Sky 「SAFARI」


24位 Zion & Lennox Featuring J Balvin  「OTRA VEZ」


27位  Prince Royce  「CULPA AL CORAZON」


31位 Zion & Lennox  「EMBRIAGAME」

32位 Yandel  「NUNCA ME OLVIDES」

45位 CNCO  「Tan facil 」






アメリカで流行ってるラテン音楽なので、メキシコのバンダ(musica norteña)がたくさんランクインしてるのですが、今回はメキシコのバンダについては割愛します。


こうやってみると、2016年のラテンのランキング上位に入ってる曲は、メキシコのバンダ以外はほとんどがレゲトンだね。


Nicky Jamがビルボールのラテン音楽賞で最多の受賞6部門を獲得したんですが、確かにNickyの「Hasta el Amanecer」は年間ランキング1位で他にもNicky jamの曲がランクインしてる。

次に3部門で受賞したエンリケ・イグレシアスも年間ランキング2位だからわかる。

3部門受賞のCNCOは年間ランキングでは最高で45位。でも結構話題になったので新人賞もらえたのはわかる。


けど100位以内に5曲がランクインしてて大人気のmalumaが受賞なし。

100位以内に6曲ランクインしてるDaddy Yankeeも受賞なし。

ラテングラミー賞もらったYandelもランク高いし6曲ランクインしてるのに受賞なし。

他のラテン音楽賞では大賞など総なめしてた、年間ランキングで4位のシャキーラとcalros vivesの「la bicicleta」も受賞なしっていうのはやっぱ変だね。

こうしてみると。。。

なぜなんだろう。レコード会社の関係?





Nicky Jamの曲は


Nicky Jam 「Hasta el Amanecer」 







3部門受賞のエンリケ・イグレシアス ft Wisinの曲


「Duele El Corazon」 Enrique Iglesias ft. Wisin









「Bicicleta」  Calros Vives , Shakira







「Ginza」 J Balvin










「El Perdedor」 Maluma










上のランキングにある曲については、このブログの過去トピックで説明や歌詞和訳などしてるものが結構あるので、ブログの左欄にある検索から検索してみてください。




ビルボード・ラテン音楽賞(2017年)発表

今日、全米ヒットチャートでおなじみのビルボード(billboard)のラテン音楽賞の授賞式がアメリカで開催されました。
取り急ぎお知らせします。


最多受賞したのは6部門で受賞したレゲトンのNicky Jam。

次が去年亡くなったメキシコの大御所Juan Gabrielで5部門。

3部門受賞が
エンリケ・イグレシアスとレゲトンのWisin、 CNCO、Gente de Zonaなど。








各部門の受賞者をおしらせします。




Artist of the Year (最優秀アーティスト賞)

Juan Gabriel



Artist of the Year, New (最優秀新人賞)

CNCO



Tour of the Year: (最優秀ツアー賞)

Marc Anthony


Social Artist of the Year: (SNSアーティスト賞)

Jennifer Lopez



Crossover Artist of the Year: (クロスオーバー アーティスト賞)

Justin Bieber





<楽曲部門>



Hot Latin Song of the Year: (ホットラテン楽曲賞)

Nicky Jam “Hasta El Amanecer”



⚫︎Hot Latin Song of the Year, Vocal Event: (ホットラテン楽曲賞、ヴォーカルイベント)

Enrique Iglesias feat. Wisin “Duele El Corazón”



Hot Latin Songs Artist of the Year, Male: (ホットラテン楽曲、男性アーティスト賞)

Nicky Jam



Hot Latin Songs Artist of the Year, Female: (ホットラテン楽曲、女性アーティスト賞)

Shakira



Hot Latin Songs Artist of the Year, Duo or Group: (ホットラテン楽曲賞、グループ部門)

Banda Sinaloense MS De Sergio Lizárraga



Airplay Song of the Year: (エアープレイ 楽曲賞)

Enrique Iglesias feat. Wisin “Duele el Corazón”



Digital Song of the Year: (デジタル 楽曲賞)

Nicky Jam “Hasta El Amanecer”  



Streaming Song of the Year: (ストリーミング 楽曲賞)

Nicky Jam “Hasta El Amanecer”






<アルバム部門>



Top Latin Album of the Year: (最優秀アルバム賞)

• Juan Gabriel 「Los Dúo 2 」



Latin Compilation Album of the Year: (最優秀ラテンコンピレーションアルバム賞)

Varios/Various, Las Bandas Románticas de América 2016



Top Latin Albums Artist of the Year, Male: (最優秀アルバム アーティスト賞 男性)

Juan Gabriel



Top Latin Albums Artist of the Year, Female: (最優秀アルバム アーティスト賞 女性)

Selena



Top Latin Albums Artist of the Year, Duo or Group: 最優秀アルバム アーティスト賞 グループ)

Los Plebes del Rancho de Ariel Camacho





<LATIN POP 部門>



Latin Pop Song of the Year (ラテンポップス楽曲賞)

Enrique Iglesias feat. Wisin “Duele el Corazón”



Latin Pop Songs Artist of the Year, Solo (ラテンポップソング、ソロアーティスト賞)

Enrique Iglesias


Latin Pop Songs Artist of the Year, Duo or Group (ラテンポップ楽曲 グループ賞)

CNCO



Latin Pop Album of the Year (ラテンポップアルバム賞)

Juan Gabriel 「 Los Dúo 2 」



Latin Pop Albums Artist of the Year, Solo: (ラテンポップアルバム ソロアーティスト賞)

Juan Gabriel



Latin Pop Albums Artist of the Year, Duo or Group (ラテンポップアルバム グループ賞)

CNCO




<TROPICAL カテゴリー>



Tropical Song of the Year (トロピカル楽曲賞)

Deorro feat. Pitbull & Elvis Crespo “Bailar"



Tropical Songs Artist of the Year, Solo (トロピカル ソロアーティスト賞)

Prince Royce



Tropical Songs Artist of the Year, Duo or Group: (トロピカル グループ賞)

Gente de Zona


Tropical Album of the Year: (トロピカルアルバム賞)

Gente de Zona 「 Visualízate 」



Tropical Albums Artist of the Year, Solo: (トロピカルアルバム ソロアーティスト賞)

Marc Anthony



Tropical Albums Artist of the Year, Duo or Group: (トロピカルアルバム グループ賞)

Gente de Zona





<LATIN RHYTHM ラテンリズム部門>



Latin Rhythm Song of the Year: (ラテンリズム楽曲賞)

Nicky Jam “Hasta El Amanecer"


Latin Rhythm Songs Artist of the Year, Solo:(ラテンリズム ソロアーティスト賞)

Nicky Jam



Latin Rhythm Songs Artist of the Year, Duo or Group: (ラテンリズム グループ賞)

Zion & Lennox



Latin Rhythm Album of the Year: (ラテンリズム アルバム賞)

J Balvin 「Energía 」


Latin Rhythm Albums Artist of the Year, Solo: (ラテンリズム ソロアーティスト賞)

J Balvin



⚫︎Latin Rhythm Albums Artist of the Year, Duo or Group: (ラテンリズム グループ賞)

Zion & Lennox




<プロデューサー、作曲部門>

Songwriter of the Year: (最優秀ソングライター賞)

Ramon Luis “Daddy Yankee” Ayala Rodríguez がノミネートされてたが、受賞せず
→ この人はDaddy Yankee のこと。
daddy の本名はramonなんです。



::::



部門が多すぎるのでメキシコのバンダ部門と、各部門のノミネート者は割愛しました。

各部門の候補者はビルボードのHPをみてください。

http://www.billboard.com/articles/events/latin-awards/7776260/billboard-latin-music-awards-2017-winners-list






ビルボードは全米ヒットチャートのラテン部門からのアワードなんですが、これより前にラテングラミー賞とPremio Lo Nuestro がありましたよね。
あちらとはずいぶん受賞者が違うなーと思いました。



ビルボードのラテン部門でトップの方にあったのに、受賞しなくて私が「あれーっ」て思ったのは。。。


他のラテン賞を総なめにしたCalros Vivesとシャキーラの「 Bicicleta」が一個も受賞してない。

Malumaの受賞がない。

Malumaとシャキーラの「Chantaje」もダメ。

Daddy YankeeとLuis Fonsiの「Despacito」も入ってない。(けどこれは今年リリースなので、来年分になるのかも)

Daddy Yankee は受賞なし。

トロピカル部門ではサルサがGrupo NicheやEl Gran Comboがノミネートされたけど、クバトンのGente de Zonaとかに持っていかれて、サルサはmarc anthony以外受賞できず。

バチャータのRomeo Santosの受賞できず。


Nicky Jamは確かにいい曲出してるし、アルバムも売れたけど、今回最多受賞するほどすごかったかな。。。。というのが正直な感想。

あとはレゲトンではtrap latinoがすごい流行ったのにtrapがまったく受賞できなかったところ。


そのあたりがちょっと納得いかないところですかね。


まあでもビルボードのラテン部門だし。。。。




今回の授賞式で一番衣装がすごかったのがJennifer Lopez (J Lo)。
ちなみにもうすぐ48歳。








6部門受賞のNicky Jamの曲は


Nicky Jam 「Hasta el Amanecer」 








3部門受賞のエンリケ・イグレシアス ft Wisinの曲


「Duele El Corazon」 Enrique Iglesias ft. Wisin









最優秀新人賞など3部門を獲得したアイドルCNCO


「Reggaeton Lento」 CNCO








● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter