カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

メキシコの女性ラッパーが政治を叫ぶ

前回の 
「ラテン音楽界の女性差別と人種差別に変革のムーブメント」 の中で紹介したメキシコの女性ラッパー Niña Dioz。

Niña Diozはメキシコの北部、モンテレイ出身のヒップホッパー。
現在はアメリカに住んでいます。

Niña Diozは数少ない女の子のスペイン語のヒップホップ歌手で、しかも政治や社会批判のラップも作ってる。

歌詞もするどいけど、発言もクールなんですよ。



Niña Diozへのインタビュー記事から抜粋して和訳してみます。




私がヒップホップを始めた時代は、ヒップホップ界は男社会で性差別がひどかった。
ラッパーの9割が男性。
ヒップホップのステージにあがるときに、女だからといじめられるんじゃないかと不安だったが、いじめられたことはない。
男性ラッパーには私の才能を称賛する人もいたし、歓迎してくれる人たちもいた。

でも私が女のヒップホッパーということで、ドアを閉めるような人たちもいた。


「OUT」だと言われることは、私がここにいるという証だ。
「おまえは違う」ということが、ムーブメントの一部だと感じさせてくれる。

みんなが安心して安全に過ごせる居場所を自分が創ってるのだと思ってる。 

それに今のところ、メキシコで同性愛をカミングアウトしたラッパーは私一人だし(多様性や個性は大事だ)。



私は自分にとって真実であることを大事にしてる。
ヘイター達(差別主義者)や誹謗中傷を書くネット民達に立ち向かうときは、自分のためだけじゃない。世間の片隅にいる声なき人のために立ち向かってる。

そして自分の仕事に集中してる。

私はメキシコ出身だ。メキシコでは、女だからということで殺される事件も(DVや性暴力など)おきている。
だから平等を求めて闘い続けるために、私は自分の音楽をツールとして使ってるのだ。



ヒップホップや音楽をやりたいと思ってる若い世代の女性達にアドバイスするとしたら、

自分にとってリアルである音楽だけをやること。
人と「違う」というを恐れないで。
他の人になんといわれようが気にしないこと。

夢は大きく持つこと。だって強く願えば実現は可能だと私は思ってるから。
あなたが音楽を愛してれば、それは必要なものになるだろう。






言うことがかっこいいでしょ。



Niña Diozは、同性愛者だと告白した最初の女性のヒップホッパーでもあるそう。

ちなみにメキシコシティは同性結婚は合法。
メキシコシティの繁華街のあるエリアでは、私は男性のゲイカップルはたくさん見たけど女性のカップルは見た事ないです。




彼女はいろいろなヒップホップをつくって歌ってるんだけど、


この曲。


「LIBRE」 (自由)






これは政治的なテーマの曲。

メキシコの大統領と政治家の汚職や、警察とマフィアを批判し、
みんな 世の中に不満があるなら立ち上がれ! 自由の為に声をあげろ、 という曲。



歌詞の和訳は別のブログにのせました。


こちらをクリックしてください

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=65



メキシコは、去年ジャーナリストが12人殺害されました。
政治家の汚職、政治家とマフィアのつながりなどを取材していたジャーナリスト達です。
脅迫されてノイローゼになった記者もいるし、子供と一緒のところを撃たれて負傷した人もいるけど。
でも脅しに負けずに書き続けたジャーナリスト達が命をおとしてしまった。
毎年ジャーナリストが殺されてます。
それでも書き続けるジャーナリスト精神を持ち続ける国でもあるんですよね、メキシコは。


メキシコのデモの先頭にはたいてい学生がたってる。
しかも有名国立大学の学生が多い。


メキシコは若い人でも政治の話をよくします。
SNSとかでもよく政権批判したり政治の風刺漫画のせたりする人も結構多いです。


メキシコはmotolovみたいに政府や政治家の名をあげて批判する有名ミュージシャンもいるし、政治風刺するコメディアンとかもいます。


前にこのブログに、メキシコの人気ユーチューバーが、リッキー・マーティンのヒット曲の替え歌で大統領の汚職について歌ってるのを紹介しましたが、そんなのもメキシコは大好き。

「Vente pa'caの替え歌。Ven a votar(私に投票しに来い)」



話を元に戻すと、前回書いたように、レゲトン界やヒップホップ界はまだ男社会のジャンルだし、しかもマチスタ(男尊女卑の男)が多い中南米で女性の若いヒップホッパーは珍しいです。

しかも歌詞の内容が鋭くておもしろい。

彼女は注目アーティスト!






ハバナでの撮影風景「gozadera」 Marc Anthony, Gente de Zona

これは数年前に別のブログで書いた記事です。
そこからの移行です。



先日書いた、Marc Anthony と Gente de Zona の新しい曲「Gozadera」。


ビデオはキューバのハバナで撮影されたのですが、撮影風景(ビハインド・ザ・シーン)が公開されたのでUPします。





撮影されたハバナの通りの名前もあったので、もしハバナに旅行にするならがそこに行ってみてもいいかも。


キューバ人は好奇心旺盛な人多いので、ビデオの撮影でも野次馬いたんだろうなと思ったら案の定


marc anthonyも撮影を楽しんでるみたい。





ハバナで撮影。marc anthony と gente de zona「Gozadera」

これは数年前に別ブログで書いた記事です。
こちらに移行しました。




リリースされたばかりの新曲。
マーク・アンソニーとキューバのGente de Zonaの「Gozadera」。
ビデオが公開されたばかりなのでUPします。


このビデオはキューバのハバナで撮影されました。
マーク・アンソニーが、「このPV(ビデオ)を見ると、あなたもハバナに行きたくなるでしょう」、とこのと。









これがビデオです




Gente de Zonaはキューバのクバトン(レゲトン)のグループで、去年「Bailando」(エンリケ・イグレシアス)が大ヒットしました。
ノリにノッてる彼らが、今度はラテン界のスターmarc anthonyと歌いました。
bailandoはドミニカ撮影だったけど、この「gozadera」はハバナで撮影したっていうところが大きい。


ビデオはハバナの通りでの渋滞で始まって、 Gente de Zonaのメンバーが渋滞の車の中で話してます。
スペイン語なので和訳します。

すごい渋滞だよ
さて、どうする?
うーん どうしようか?
じゃ 歌おう ♪  (Vamos a cantar ! )
じゃ 行こ、行こ


って車から外に出て、 トランクをたたくと ぼよーんってスピーカー出現。

上から見てた、Marc Anthony が「 gente de zona」って叫んで、歌が始まります。


ビデオではストリートで踊ってるダンサーがボディペインティングしてますが、中南米各国の国旗の色になってます。
歌詞にも中南米の国がどんどんでてきます。


私はハバナにいたことありますが、これどこの通りで撮影したのかちょっとわかりません。
ネットで見たら、ハバナの旧市街のどっかの通りって書いてありました。

ビデオ見ると踊りだしたくなる楽しい雰囲気ですね。


キューバとアメリカが国交正常化交渉で世界のニュースをさわがしてるこの時期にキャッチーな曲とPVだと思いました。

私の個人的な意見ですが、
gente de zonaがキューバ人で撮影場所がハバナ。
marc anthonyはプエルトリコ系アメリカ人。

いまはプエルトリコはアメリカ領土になってるので、プエルトリコからハバナには直接行けません。地理的にはすぐそばなのですが、わざわざ他の国を経由しないと日本人でも入国できません。
アメリカと国交がないからです。
でもキューバ人やプエルトリコ人がいうには、キューバとプエルトリコはすぐそばの島同士で兄弟みたいなんだと。お互いにリスペクトしあってるそうです。
キューバは独立国だけど、プエルトリコはアメリカの領土の一部。
そういうこともあって、このビデオちょっと象徴的なような気が私にはしました。

De La GhettoとArcangelの「Ocasion」



このごろ私が一番気に入っててよくきいてるのが、この曲

歌ってるのは人気のレゲトン歌手ばかりです。
プエルトリコ系の人たち。

De La Ghetto
Ozuna
Arcangel
Anuel AA


Arcangelはドミニカとプエルトリコハーフ、De La Ghettoはアメリカ生まれのプエルトリコ系で、二人ともベテランの有名レゲトンシンガー。
Ozunaも人気の若手プエルトリコ系レゲトンシンガーです。
ArcangelとDe La Ghertoはライブに行ったことがあるけど、うまかったです。



「 La Ocasion」 De La Ghetto, Arcangel, Ozuna, Arcangel






レゲトンの歌手たちが歌ってるけど、リズムとかがレゲトンとはぜんぜん違うのわかったかな???






私、最近レゲトンよりもプライベートでよくきいてるのはこういう曲なんです。

スペイン語のヒップホップかと思ってて、記事によってはこの曲をスペイン語ヒップホップとかレゲトンとかジャンル分けがバラバラ。
自分もスペイン語ヒップホップだと思ってました。

あれ、レゲトンってヒップホップのスペイン語版じゃないの? って思った人多いと思うんですが、レゲトンはヒップホップのスペイン語版ではないんですよ。
レゲトンのもととなったものにはスペイン語のヒップホップもありますが、ダンスホールレゲエなどのレゲエやプエルトリコの伝統音楽やラテン音楽などの影響を受けて作り上げられたものなので。

と思ったけど、これはスペイン語のヒップホップじゃなくて、トラップミュージックというらしい。

このごろ流行ってるトラップミュージックというジャンルがあって、ヒップホップがベースになっているんだけどスネアとかエレクトロのサウンドが入ってるものだそう。

EDMのファンの間でもトラップミュージックがこのごろ流行ってるらしい。

トラップミュージックの定義がいまいちよくつかめてない私。
詳しい人誰か教えて。

この曲はtrap latinoっていうジャンルらしい。


ってことは、私がこのごろはまってるジャンルは trap latinoでした。



コロンビアのシャキーラとMalumaのコラボ

いま世界中で大人気のコロンビアのスター、シャキーラとmalumaがコラボした2曲を今日は紹介します。

シャキーラはコロンビアのコスタ(沿岸部)のバランキージャ出身。
Malumaはコロンビアのメデジン出身。


シャキーラがコロンビアの大物歌手Calros Vivesと歌った「Bicicleta」がラテングラミー賞のレコード大賞をとったのは11月にブログの「ラテングラミー賞受賞曲発表【2016】」で書きました。

(「Bicicleta」については、過去に 「コロンビアのビーチが楽しめるシャキーラの曲」 で解説したので読んでください)。




この「Bicicleta」のレゲトンバージョンを Calros VivesとShakiraとMalumaがだしました。



それがこの曲



「Bicicleta」(remix) Carlos Vives y Shakira ft. Maluma





コロンビアのいまホットな3人が歌う「Bicicleta」どうですか?

オリジナルの曲のほうがバジェナート色が強くて好きだけど、こっちのほうがレゲトンのリズムがあるので踊りやすいですね。


malumaについては、「Malumaの素顔とコロンビアのメデジン」 などで書きました。

Shakiraはだんなさんのピケ(サッカー バルセロナの選手)とバルセロナにいるので、Malumaが「Bicicleta」が録音のためにバルセロナに行ったそうです。






それによってShakiraとMalumaの次のコラボ曲が生まれ、今年の秋にリリースされました

「Chantaje」です。



「Chantaje」 Shakira ft. Maluma






chantajeとは恐喝という意味です。

(歌詞の和訳は後日UPしたので、これを見てください → 「 『chantaje』 shakira ft. malumaの歌詞和訳
 )

ビデオのシャキーラは7−8年前に「She Wolf」とか歌ってた頃みたいにかっこよくてセクシーですね。
ダンスもキレッキレ。
トイレで踊ってるダンス、こういうふうに踊れたらいいな〜。
「Bicicleta」が素のシャキーラみたいで生活臭があったのでこのままナチュラル路線でいくのかと思ったら、「chantaje」で昔に戻った感じ。

同じコロンビア人のMalumaと共演することで、シャキーラの良さが出たように思います。
今までシャキーラが一緒に歌った人ってコロンビア人じゃない人ばかりだったので。

Malumaはソフトでちょっとハスキーでセクシー系の声なので、シャキーラと合いますね〜。
二人のコラボとてもいいと思います。
シャキーラのよさがMalumaで生かされてる感じがする。




この「Chantaje」のPVなんだけど、コロンビアのボゴタの俳優でユーチューバーがパロディ版を作っててかなり笑えました。
私はオリジナルよりパロディのビデオのほうを何度も見てます。



「Chantaje」 (PARODIA/Parody)  「PURO MAQUILLAJE」Jonatan Clay ft. Peppa Pig






パロディ版は歌詞もパロディになってます。

オリジナルのはネットに和訳をUPしてる人がいたので、私はパロディ版の歌詞を訳しますね。

(※ やっぱりオリジナルの歌詞を後日和訳しました。歌詞の和訳についてはこれを見てください → 「 『chantaje』 shakira ft. malumaの歌詞和訳
 )


chantaje(シャンタヘ)が maquillaje (マキヤーへ)になってる。マキヤーへは化粧。

この人が一人何役もやってる。

お店の入り口のドアに書かれた文字は、オリジナルのほうは「indian deli and grocery(インド料理のデリと食料雑貨店)と英語で書いてあったんだけど、パロディのほうは「la groseria」になってる。groseriaは下品な言葉ですね。

そのあとにパロディのお店は、「tiendaーbarーmotel --- asadero y otras cositas」と書いてありますが、これは お店 バー モーテル、炭火焼と他のいろんなこと(他のいろんなことっていうのは下品な意味を含んでると思う)。

オリジナルのお店はインド料理の食料雑貨店ですが、パロディ版のお店はコロンビアの商店です。
コロンビアでよく売ってる商品がたくさん並んでて、商品が私にはなつかしい。



シャキーラ役の女性がお店に入ってきたら、お店にいたお客の男性がじっと見てて




今日ピーナッツを買いにお店に来た
あれ、あの女どっかで見たことあるぞ
そうだ、SNSで見た女だ
けど実物は写真と違うな
写真みたいに肌がきれいじゃないし
顔をもっと見てみよう

「すみません、アボガドって1キロいくらですか?」

「さあ、店にきいてみれば? 私ここで働いてないし、せっけん買いに来ただけだから。そんなふうに私のこと見つめないでよ」

「あ わかった、おまえはインスタの女だ!」

「そうよ、私はインスタの女」

「インスタの写真は化粧で盛ってるだろ。盛りすぎでリアルと違う、誇張しすぎたよ。おまえの写真は詐欺だ。」

 おまえはたんなる厚化粧、厚化粧の女、たんなる厚化粧、厚化粧の女」

「ちょっとメイクでナイレン(コロンビアのコスメの名前)とリップグロスを使っただけよ」

「おまえのインスタの写真はみんな超セクシーだったのに。胸もグラマーだしヒップも大きかった。
けどリアルはぜんぜん違う。写真を修正しただけだったんだな」

「なに言ってるの? バカなこと言わないでよ。嫌だったらインスタのフォロー外せばいいじゃないの」

「俺はね、100万もフォロワーがいるユーチューバーなんだぜ。」

「えーっ まじで?? ごめんなさい、ただちょびっと写真修正しただけだから…」


フ フ フ フ ナイレン、 
フ フ フ フ ナイレン、
フ フ フ フ ナイレン ナイレン ナイレン ナイレン


※(お店のトイレに貼ってある張り紙には、「小便 500ペソ、大便 1000ペソ」と使用料金が書いてある)
(最後に近所の人たちから水をかけられたあと、「うるさい、眠れないんだよ。このやろう」「なんで私に水かけるの? あの男にかければいいじゃないの?」とシャキーラ役の女性がわめく )





このパロディバージョンはコロンビアの芸能ニュースによると、SNSで自撮りとかをUPしたりリア充自慢してるけど、SNSの写真ほどリアルはきれいじゃないし、SNSでリア充自慢してるほどリアルな生活は充実してない女子たちのことを歌ったものだそうです。



あるあるなSNSの話で笑えますね。


コロンビアもスマホ社会なんだけど、ラテンなんで毎日のようにfacebookやinstagramにセクシー写真UPしまくりの女子が多いんですよ。
あんま修正しすぎたり盛ってると、これはフォトショップだろと笑われることもあり。。。



コロンビアのコメディそんなに私は笑えないんだけど、これはけっこうおもしろかったな。

オリジナルとビデオ比べてみてください。
 ↓







このパロディのビデオはコロンビアで報道されたくらいすごい人気で、まだ発表されて数週間なのにすでに1730万ビュー。
コロンビア人達は大笑いして、「シャキーラの感想を知りたい」って言ってますが、まだシャキーラからは反応がないようです。





シャキーラとマルーマのオリジナルビデオの撮影風景は(behind the scene)




ビデオに出てくるお店とかはセットでつくったんですね〜。



パロディのほうのお店は、コロンビアのボゴタで見つけた食料雑貨店とバーが併設された店みたい。
よくできてるな〜。


このパロディ以外にも、Chantajeはたくさんパロディのビデオがyou tubeにあがってます。
こんなにパロディがある曲ってなかなかない。


この記事の関連は:

「 『chantaje』 shakira ft. malumaの歌詞和訳」


● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter