AX

Bienvenidos! ラテンのことならなんでも。 サルサやレゲトンやバチャータなどのラテン音楽やダンス、中南米旅行、ラテンファッション、ラテンアメリカについて、歌詞の和訳などなど


人気が高いトピックは
「 Despacitoの歌詞の和訳とよみがな Luis Fonsi ft daddy yankee(ジャスティン・ビーバー版も)」
「ワイルドスピードの「Hey Ma」歌詞和訳。Pitbull, J Balvin」 」
「marc anthonyのvivir mi vida」 (世界大ヒットしたサルサ)
「Danza Kuduroの歌詞」(Don Omar)
「 ダンスはどんなに弾圧されても死なない」 
「コロンビアでの日本人殺害と安全対策」


※ このブログのリンクなしの転載や引用はご遠慮ください
(特に歌詞の和訳は自分が全部やってますのでコピーライトのため)
※ ぱくり禁止、特にキュレーションサイト(naverまとめ含む)やyou tubeへの転載禁止


ハリケーン被害の米領プエルトリコ、トランプに嘲笑されて最悪の状況に

ハリケーンで壊滅的被害を受けたプエルトリコ。

その悲惨な状況については以前ブログにかきました。

→  「見捨てられたハリケーン被災のプエルトリコ 」


今回はその続編。

米本国のトランプに嘲笑されて、米領プエルトリコはさらに窮地に陥っています。



ハリケーンマリアの被害からもう3週間半たちましたが、さらに深刻な事態になっています。
(最初のハリケーン・イルマからは1ヶ月と1週間)



プエルトリコは独立国ではなくて、アメリカの自治領。
ビザも米のだし、米憲法下にあります。




カリブは、米に近い方からキューバ、ドミニカ共和国、その隣がプエルトリコ。
プエルトリコはタイノ族の国だったけど、スペインの植民地にされタイノ族はほとんど絶滅し、スペイン語圏に。
100年以上前に、プエルトリコは次は米領土にされたんです。

プエルトリコ人は米在住でも自分はボリクア(プエルトリコ人)といいます。
ラテンアメリカのカルチャーで、サルサとレゲトン大国。



今までアメリカの自治領に甘んじてきたのは、なにかあったときにアメリカが助けてくれると思ってたことが大きいと思います。


しかし、アメリカの領土だったことが今回の悲劇を生んだと思います。


プエルトリコは米領だから米市民なのに、340万人をアメリカ政府がちゃんとケアしないからです。



今年はアメリカ本土も大きなハリケーン被害がありました。

米のメディアはカリブ海に次のハリケーンが接近してる時も、米本土にいつ来るかばかり報道してました。
カリブ海諸国はハリケーンで壊滅的な被害を受けたところが多かったのですが、米の被害に比べると非常に報道の扱いが小さかった。
日本を含め世界でもそんなに報道されてません。


アメリカ領のバージン諸島とプエルトリコに壊滅的な被害が出たとき、米のトランプ大統領は2週間も休暇中でゴルフを楽しみ、ツイッターで別のことについてつぶやいてるだけでした。

プエルトリコの知事や首都のサンファンの市長が公式に米に救援を求めても、トランプはそれは自己責任だとか、プエルトリコなんか経済破綻してるから自分で対処できないんだろうなどとツイートしてました。

FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)はトランプの許可がおりないので、救援にいけない。



プエルトリコは住宅はハリケーンで吹っ飛ばされたうえ家も道路も浸水してたし、停電が続き、飲料水や食料が尽きかけてた。

電話も不通で、停電で携帯やネットも使えないので連絡がとれない市町村がたくさんあります。
3週間半たっても被害の全体像がまだつかめてないし、いったい犠牲者が何人いるのかもわからない状態です。

ガソリン不足で病院の非常用電源が使えなくなり、生命維持装置などが必要な重篤の患者が病院で亡くなったケースも。


プエルトリコの知事と市長が、米と世界に向けてプエルトリコを助けてとSOSをだしました。



トランプはハリケーンから2週間たってラスベガスで乱射事件もあったのでやっと休暇から戻って、プエルトリコに短時間の視察に行きました。




プエルトリコにおいてトランプが会見で



「プエルトリコの被害なんてカトリーナのハリケーン被害に比べたらたいしたことない。
プエルトリコのハリケーンで何人亡くなったの?
え、16人か?
たったそれだけしか死者がいなかったの?
だったらラッキーだったじゃん」

「プエルトリコの救援のせいで、米の国家予算のプランが狂った」



と会見で言ったのです。








そして被災者に向かって、トイレットペーパーを放り投げて渡しました。






ちなみにこの時点で医者が死亡確認をして死亡が確定した死者の数が16人だったのであり、正確な死者数はまだ判明してませんでした。
連絡がつかない市町村もあるし、道路が寸断されているのでわからない。


昨日(10月11日)の時点では、死亡が確認されたのが45人。
トランプが来た時の3倍に死者が増えています。

しかし、道路が寸断されて通信手段が途絶えているので地方の市町村の実情がわからず、実際の死傷者がどのくらいいるのかはまだぜんぜんわかってない状態。




しかもトランプは被災者に、「have a good time! 」(楽しんでね!) と言ったんです。








で、さっさとプエルトリコから米に戻りました。
ハイヒールはいた奥さんを連れてね。



この人には同情心すらないんだな。

これは人道的な問題なのに被災者を嘲笑するような人間がなぜリーダーなのかと米でも批判されてました。





ついにトランプの許可が出たので、米からの救援物資も届き始めました。

けどいくら救援物資が中央や港に届いても、ハリケーンで道路が寸断され水に浸かったりしているところが多いし、まったくルートが復旧してないから被災者に届けられない。
通信手段もないから、孤立している市町村がどうなっているのか状況もわからない。



米軍がヘリなどを出して、孤立しているところから住民を救出したり水と食料を届けるしかないと思います。
なのにそれを米がしてない。

米の海兵隊員にはプエルトリコ人が多いんですよ。
シリアの前線などで若いプエルトリコ人が戦ってます。
あの人達はプエルトリコの救援の方にに行きたいと思ってることでしょうね。



アメリカにはJone's Actという法律があって、アメリカ国内に救援物資を届ける場合は米国籍の船で乗務員が米人の船じゃないといけないという内容だそうです。
プエルトリコは米領なので米国籍の船や軍隊の船を使わなきゃいけない。
でも外国籍の船に比べてコストが高いのも、米政府がプエルトリコに救援を出し渋った理由です。


でもその法律にのっとって救援物質を送り始めました。
といっても米本土の救援の方が優先で、プエルトリコにはマイナーな救援にとどまりました。
しかしその救援をこんどの日曜日(15日)で打ち切るそうです。
信じられない。。。



プエルトリコはまるで1世紀か2世紀昔に戻った感じ、だとニュースに書いてありました。
電気もなく、飲み水もなく、電話もない。









プエルトリコはハリケーンで発電所が破壊されてから全土で停電がずっと続いています。
発電所の復旧ができないので。
停電が来年まで続くというニュースも昨日の報道に出ていました。


停電が続くということは、通信手段がないことでもあります。
固定電話の電話線もだめになったし。
携帯の基地局もハリケーンでほとんど破壊されてしまいました。
基地局があっても、スマホの充電できない。
道路も寸断されて基地局の復旧ができないので、通信会社には破産するところも出ているそう。
いまもプエルトリコ全土の人がほとんど通信手段がない状態です。

通信手段がないから、助けを求められない人たちもいるし、家族の安否を確認できない人たちも多い。









プエルトリコの首都サンファンの市長は、自身も自宅をハリケーンで失って避難所生活をしています。
市長は病院の非常用電源がまたなくなり、重篤な患者を移送したと明け方の3時にツイッターで発信している。














トランプがプエルトリコ救援に消極的な背景には、プエルトリコ人への人種差別があるからだという分析もあります。
米本土の有色人種に対してすら冷たいトランプが、米領の人に対して同情心を持つわけがない、と。



冷たいと批判されたトランプはこんな動画をツイッターにupして弁護してました。
自分はプエルトリコを最大に援助してやってるのに、プエルトリコは恩知らずだし、メディアはフェイクニュースばかり流すと。











プエルトリコの状況で、いてもたってもいられないプエルトリコ出身の歌手や俳優、そしてラティーノ(ラテンアメリカ系)の歌手達、プエルトリコ系の経済界の人も個人で寄付などの支援をしてる人もいます。

プエルトリコ人の有名歌手達にはプエルトリコ入りした人も。



レゲトン歌手のダディ・ヤンキーはプエルトリコの首都サンファンの出身。
トランプが来る前に、自分で救援物資をプエルトリコに届けました。
ダディ・ヤンキーは「ガソリーナ」や「デスパシート」がヒットした歌手。














「デスパシート」のluis Fonsiは、リッキー・マーティンやchayanne, レゲトンのNicky Jamというプエルトリコ人の有名歌手と一緒にチャーター機でプエルトリコ入りして救援物資も届けました。












プエルトリコ系米人の有名な経済人はプエルトリコを見て


"It is way too early to even think about recovery. Right now, it's about survival,"

「プエルトリコが復旧を考えることができるのはまだまだ先。 今はどうやって毎日をサバイバルするかが先決なのだ」

と昨日発言しました。



それほどまでにプエルトリコの状況がひどい。
毎日サバイバルできるかどうかだそうです。






現地で医療救助活動をした米人の看護婦のインタビュー記事が報道されていたので概要を和訳します。








「米のFEMAから救援物資が届いたが、各市町村に届いていません。
まだぜんぜん救援ができない市町村がたくさんありました。

プエルトリコの市民たちは飢餓状態で、飲料水が枯渇しています。
不衛生な水を飲んでることから、レプトスピラ症というスピロヒータのバクテリアによる感染症で亡くなる人もでてきました。

現地の状況は恐ろしいほど悲惨でした。

やっと救援物資が届いて、24時間長蛇の列に並んで待ってやっと少量の飲料水とスナック1個もらえただけ。
飢えた市民が食べ物を奪い合った事件までおきました。

トランプは「昔のハリケーン・カトリーナに比べたらハリケーン・マリアのプエルトリコの被害なんてたいしたことない」と会見で述べましたね。
カトリーナの死者は確かに多かったけど、あの死者はハリケーンの直接的な被害によるものです。
でもプエルトリコのハリケーン被害の死傷者は、ハリケーンの被害ではなくて救援がなかったことによる人災的なものが多いのですよ。
そっちの方がずっと恐ろしいことですよね?
でも340万人のプエルトリコ人はそんな状況でも耐えているからすごいと思いました。」






レプトスピラ症の感染で死者が出ていることは昨日のニュースでも報道されてました。






プエルトリコはハリケーンに襲撃される前、5月にに破産申請していました。
もう何年も前に経済破綻してたのに、米本国が助けなかったからです。

そのうえ今回のハリケーンで壊滅的な被害を受け、これを復旧するのは多額のお金がかかります。
すでに破産申請してるから自力で復旧できません。

トランプが米の国家予算がプエルトリコの支援によって影響を受けることになった、と文句言ってましたが、トランプにとってはプエルトリコはお荷物でしかないんでしょう。




もうプエルトリコにいたら生きていけない、と市民たちが空港に殺到しているそうです。
プエルトリコから米まで近いのに(飛行機で2時間)、プエルトリコからの航空券がLCCで何十万円もします。
それでも競争。
停電で銀行のATMも動いてないしね。

お金がある人は航空券を争って買い、米本土に避難しています。
一番近い米フロリダにはプエルトリコから避難してきた人がたくさん到着してる、と昨日報道されてました。


プエルトリコが米領でよかった一つのことは、米に行けること。
でも航空券が手に入り米での生活費がある限られた人しか行けない。


プエルトリコは熱帯地方のうえに停電で劣悪な環境なので、熱中症で体力を失う高齢者も多いそう。





私にはプエルトリコ在住のプエルトリコ人の友達が2人います。

1人はハリケーンの時におばあさんの家を訪問していて助かったそうですが、実家はハリケーンで壊れたそうです。
それで米の親族を頼って米に避難したそう。

でももう一人のプエルトリコ人の女の子とはまったく連絡がとれません。
あんなにSNSが好きだったのに、ハリケーンの日から更新されてない。
ネットがないからでしょうが。
彼女はお父さんが病気で家で介護していたので、お父さんがどうなったのかも心配です。




さらに今日のニュースでは、プエルトリコの熱帯雨林がハリケーンで大被害を受け、多くの動植物が死んだそうです。
プエルトリコのyunqueという熱帯雨林地帯はエコツーリズムの観光名所でもありました。

プエルトリコ固有種の動植物も生息してますが、固有種のカラフルなオウムはただでさえ数が激減していたのにハリケーンでかなり死んでしまった。
プエルトリコの象徴ともいわれてるcoquiというカエルも、ハリケーンで大量死して絶滅危惧種になるだろうとのこと。

他にも絶滅の危機にある固有種がかなり失われてしまいました。
森林の木がかなり倒れて、折れた木の幹だけがむきだしています。
流れ込んでいた川の流れも変わってしまい、苔もはげてしまって水を蓄積できない。
プエルトリコの飲料水を供給していた広大な水系がやられてしまいました。

これが復活するまでにはまた何世紀もかかるだろうと学者たちは見ています。






プエルトリコは、サルサやレゲトン大国で、私のようにサルサやレゲトンが好きなラテン音楽界やサルサ界の人にとっては最も重要な国。

サルサはNYにいるプエルトリコ人が中心となってNYでつくられたし、レゲトンはパナマが発祥だけど今の形に完成させたのはプエルトリコでレゲトン大国はプエルトリコです。



だから私はプエルトリコに4年前に訪問しました。
プエルトリコは美しいカリブ海の島。
アメリカ領だからwelcome to USAと書いてありアメリカ人観光客だらけでした。
米人のリゾートアイランドみたい。
サルサが米人観光客を楽しませる観光産業になってました。

日曜日は首都サンファンの旧市街の公園で、高齢者達がサルサを踊っていました。

さすがサルサの国だけあって、おじいさんやおばあさんがサボールのあるサルサを踊ってました。


街では爆音でレゲトンかける若者たちが。

あの人たち、いったいハリケーンでどうなったんだろう。





サンファン市長が、「世界の皆さん、プエルトリコを見捨てないで、助けてください」 と涙している。
こちらも泣けてくる。



独立国のメキシコは日本からも世界からも救助隊が駆けつけたのに、米領のプエルトリコは救援が少ししかなく人災で亡くなっていってるなんて。
そんなことあり?



史上最大のハリケーンに襲撃されたが、今年はハリケーンが一度に多数発生しています。

カリブからアメリカ沖で、一度にハリケーンが6個発生したり異常事態。


イルマやマリアはカテゴリー5で史上最大のハリケーンでした。
が、何日か前のハリケーン・ネイトはカテゴリー1だったにもかかわらず、中米のコスタリカやホンジュラスとニカラグアで数十人の死者を出しました。


今はカリフォリニアで大規模な山火事がおきています。


豪雨やゲリラ豪雨。雨季が1年中終わらない、洪水被害や土砂崩れ被害が多発。逆に干ばつ、竜巻。

南北のアメリカ大陸でもここ何年かだけでも異常気象による大規模な天災だらけ。

こういう異常気象は環境問題の変化によるといわれているけど世界中で天災がおきています。
日本でも異常気象やそれによる天災が増えましたよね。













環境問題の条約や議定書の席につかないアメリカ。
トランプは特に環境問題を軽視して、環境問題の規制から離脱しようとしています。

そのアメリカの環境問題軽視が、これだけの米大陸での天災を生んでいるんだろうと思います。

トランプは経済対策のために環境問題の規制を撤廃したいのでしょうが、天災が続けば結局救援や復旧に莫大な費用がかかるし、たくさんの人命を失うことになります。


アメリカが天災に襲われるのは自業自得だといわれても、今回のカリブの島々のようにまわりも被害を受けることになります。
今後天災はもっと増えるかもしれません。



これだけ天災が多くなったし、日本も異常気象で災害増えたし世界トップの地震国でもあるからだからひとごとじゃないですよね。


そして被災者を嘲笑し、まったく被災者への同情心すらないトランプ。

人権無視。同情心がない人間といわれています。



被災者に対して冷たいし、”人間としてどうなの?” ”心はあるの?” と思ってしまうような人、 そんな人間が国のリーダーになることは本当に恐ろしい。


自分の在任中の景気やポピュリズムばかり重視して、環境問題や被災者を軽視するような人は国のリーダーになるべきじゃないと私は思います。


プエルトリコのサンファン市長は、ハリケーン被害と救援の遅れで亡くなっていく人のために泣いて、自分が水の中に入ってメガホン持って行方不明者を探し回ってました。


自分が被災者だったらという立場で考えて、「絶対にみんなを助ける、見捨てはしない」という人がリーダーになるべきじゃないですか?







<追記>
10月12日


さきほどイギリスの大手新聞のニュースが出て、

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/donald-trump-twitter-attacks-puerto-rico-hurricane-maria-damage-cost-infrastructure-a7996411.html


米トランプ大統領が、
”プエルトリコに今行ってる米軍やFEMAの救援隊をひきあげる。
ずっとプエルトリコに置いとくわけにはいかんから」
と発言したとのこと。

”プエルトリコはハリケーン前から経済破綻していたから、どうせインフラも発電所も建物もしょぼかったんじゃないか。壊れたのはハリケーンのせいじゃなくて、元からボロかったからだろ”とトランプは理由付けしました。

経済破綻したのも、ハリケーン被害にあったのも自業自得の自己責任だ。
米に助けを求めるな。
知事の政治ミスだと非難。



じゃあ、なんのための米領土なの?
プエルトリコを今まで助けないで、スペイン語圏なのに文書を全部英語にしろとかいろいろ押し付けてきたり、リゾート地にしたり、プエルトリコ人の若者を米軍の兵士にして前線に送ってるくせに。
利用はするけど、困った時は助けないの?

だったら独立したほうがいい。
独立したら、他のラテンアメリカ諸国が助けてくれるでしょう。

トランプは被災前のプエルトリコに行ったことがないんだと思う。
カリブの貧しい小島だと思ってるんだろう。
実際はゴージャスなリゾートホテルが立ち並び、アメ車が走り、アメリカのチェーン店が並んでたアメリカンな街だったよ、サンファンは。


まるで川のそばにほったて小屋を勝手にたてたくせに、川で流されたから一軒家を買ってくださいといってるドロボーみたい、といわんばかりの言い方じゃない?

今でもまだ飲料水が届いてない人たちが3分の1以上いて不衛生な水を飲んでいる。トランプが支援を打ち切れば多くのプエルトリコ人は不衛生や汚染水をのむことになる。
すでに廃棄物処理場の毒物がたまった有害な井戸や川の水を飲んでる人たちもいるそう。
川や湖や井戸の水を飲むなと指導されてるが、飲み水がないのにどうすればいいのか。

no tiene corazon.
(この人にはハートがない)

死にそうだから助けてといってる人たちの手をふりはらい、糸を切るなんて。

人間として終わってるし、頭おかしい。

今まで私はトランプの悪口をほとんど言ったことがないけど、今回は本当に怒った!!




<追記>
10月12日のニュース


https://www.vox.com/platform/amp/science-and-health/2017/10/11/16424356/puerto-rico-official-hurricane-maria-death-toll


ハリケーンによるプエルトリコの死者は少なくとも450人の見込み。
まだ被害状況がわからない地域が多いためさらに増える可能性



● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア